お問い合わせ

スタッフブログ

Blogスタッフブログ

お知らせ

お知らせ着こなし上手なお客様インスタからピックアップ~夏着物レンタルのリアルな感想 

2018年7月13日    お知らせ 

30度超えの毎日が始まった真夏の京都。「てくてく京都」では浴衣レンタルと同時に夏着物をレンタルすることができます。今年は、浴衣の日とは別に、美しい色と、柄が自慢の「夏着物」に着替えて京都をお散歩してみませんか?今日はお客様の素敵なインスタグラムをピックアップ!素の感想を読んでみると、今年は夏着物に挑戦したくなりますよ。

ところで、「夏着物って何?」という方は、過去記事をCheck!

今年の夏は「夏着物」に挑戦♩フォーマルを涼やかに着て女子力UP

【てくてく京都本日の着物コーデ】着物Stylebook〜夏スタイルオススメ


早速、掲載の許可をいただいたお客様のインスタ写真を拝見しましょう♪ 薄い生地の夏着物を着たらどんな感じの仕上がりになるの?と一抹の不安を感じる方も、実際のお客様写真を見てもらえれば、きっとその美しさに魅了されるはず♪

お目汚しすいません。 #京都 にいったら絶対着物をきて 観光してほしい!! どこで写真とっても様になる! 30歳なら浴衣より着物!! しかも質が良いもの。 見た人が口を揃えて 「浴衣より着物のがかっこいい!」っていってくれました❤ 浴衣3900円で、夏着物4900円 1000円しかかわらないのにね😗 浴衣より絶対涼しい。 #夏着物 透けてますもの。 今回はカラフルな背景に合うように、黒系×赤と決めていたのだけど ボタニカル柄!! 帯も素敵なのー!! 帯を上でつけてもらったら、 #京風 で足が長く見えたけど きつい服になれてないわたしは きもちわるくなりそうなので 緩く下の方で帯をつけて #江戸風 な粋な着方❤ ぜんぜんきつくなくて トイレ3回いったけど着崩れしなかったー!! ただ、年がいくほど下につけるらしい(笑) 苦しくても上にあげたいねw 着付けのおばさま方、センスがプロ。 帯も、帯締めも最高。 借りるなら絶対 #てくてく京都 #四条烏丸店 地下鉄#四条駅 5出口から徒歩1分。

yuki imaiさん(@abocado_)がシェアした投稿 –

数あるインスタの中でも一瞬で目を奪われた美しさ!「30歳なら浴衣より着物!!しかも質が良いもの。見た人が口を揃えて「浴衣より着物がかっこいい!、って言ってくれました」」とリアルな感想を書き込んでいただきました。ありがとうございます!お洋服では出せない大人の色気にクラっときます。シックな着物の色に赤い帯締めがアクセント。落ち着いた色も地味にならない上級者コーデで、レンタルっぽくない着こなしに脱帽です!


上のお写真、足元と腕のあたりを見てもらえれば、透け感がお分りいただけると思います。水辺で撮影されてることもあって「涼」を感じるお写真です。

上のお写真、夏着物の帯は驚きの薄さ。後姿はお太鼓結びで「きちんと感」のある着姿に。「てくてく京都」では着物に合わせる帯は写真のようなお太鼓結びが標準です。これは技術を要する結び方なので、他店では追加料金が必要な場合も。当店では、「レンタル着物に見えない仕上がりに」をモットーに、お仕度させていただきます。

パステルカラーがやさしい雰囲気で、大人可愛い着姿のお二人。着物と同系色の濃いめの帯色で、気品のあるコーデです。多くの人が浴衣をレンタルするシーズンだからこそ、「夏着物」が目立ちますよ。夏着物を初体験していただけて嬉しいです。単色の夏着物が多い中、「てくてく京都」では色、柄も豊富に取り揃えているので、お気に入りを探してみてくださいね。



いかがでしたか?夏には夏用の着物があるなんて、知らなかった方も多いのでは?「夏の京都では浴衣レンタル!」と決めている方も、ぜひ「夏着物」にもチャレンジしてみてください!

着物でお出かけ「京都×着物」初めてさんにおすすめの祇園(八坂、円山、長楽館)半日散策コース☆

2018年7月5日    着物でお出かけ, お知らせ 

こんにちは。「てくてく京都」スタッフブログです。

「京都で着物をレンタルして歩くのって初めてだし、疲れないか心配。。。」そんな方には、近場のメジャーな観光スポットをギュっと固めたお散歩コースが安心でおすすめです。今日ご紹介する半日散策コースは、午前中に着物をレンタルして、ランチ⇒散策⇒カフェの王道の流れをコンパクトに周れるので、着物レンタルが初めてのお客様も、最後まで安心してお楽しみいただけると思いますよ。

 


まずはランチから♪ てくてく京都烏丸店から徒歩で東へ向かう途中でみつけた「おばんざいやさん」です。

<黒毛和牛とおばんざいのコラボ>「市場小路 寺町本店」

「おばんざい」って響きだけでも美味しそうですよね~

こちらは京都における「ビアダイニング」の先駆けで、ビールを美味しく頂けるのはもちろん、黒毛和牛赤身肉や京野菜を中心とした料理を頂けます。ランチタイムでは、「黒毛和牛とおばんざいのおひるごはん」が頂けます。お腹がペコペコでがっつり食べたい私たちはお肉のいい匂いに誘われ店内へ。

私が注文したのは「黒毛和牛外ヒラステーキのおばんざいプレート」はい、字面からして美味しいに違いない!

おいし~い~~~~~~!!!!!!鉄板のうえで焼かれたお肉がとてもジューシーでたまりません…こちらはヘルシーな赤身肉が使われているとのこと。おばんざいもたくさんの種類があり、五穀米と豆腐はおかわり自由なので女性にはうれしいメニューです(^^)

 



〈暑い夏にはぴったり 「林万昌堂」でお手軽冷んやり和スイーツ〉

暑くなってきたので何か冷たいものを、、、と見つけたのが四条通にある、甘栗の老舗「林万昌堂 四条本店」

こちらは明治7年創業で、最良質の河北栗子を丹念に焼き上げた甘栗が有名です。お土産にぴったりな「林万昌堂」さんですが、実は店頭にアイスを販売しているんです(^^)

なななんと最中の中には栗がまるごと入ってます!!!!冷たいバニラアイスのなかにゴロゴロとした栗の食感が楽しめます。栗好きにはたまらん、、、ぜひ寄ってみてくださいね♪



〈やっぱり欠かせない! 八坂神社・円山公園〉

さて、祇園といったらやっぱり外せないのが八坂神社ですね~

ここで豆知識。八坂神社といえば祇園方面から見える赤塗りの門から入って参拝する方が多いですが、実はこの門は「西楼門」といって表玄関ではないんです。八坂神社の本殿は南を向いて建てられているので「南楼門」が正門にあたります。南楼門は明治時代初期に再建されて以来約140年ぶりに本格的な修復工事が終わり、鮮やかな朱色が復活しています。訪れた際は是非南楼門から入って参拝してみてくださいね(^^)



さてさて、奥に進むと円山公園があります。こちらも多くの人で賑わっています。公園内では、フリーガイドの男性が写真を撮ってくださいました♪

都会の真ん中にある広大な敷地で、四季折々の風景が楽しめます。緑をバックに古風な写真が撮りたい方におすすめのスポットですよ。



〈燃えるケーキ?!?! 「長楽館」で贅沢スイーツを堪能〉

円山公園を東に向かって散策すると「長楽館」という立派な建物があります。ここは、建物の外観、内観、デザートもすべてが写真映えスポットで、着物を着て訪れると「非日常」が味わえることもあって、カフェでありながら、観光スポットとして有名なんですよ。

 

壮麗でクラシックな長楽館でのアフターヌーンティーの様子は以前紹介しましたので、こちらからどうぞ⇒建仁寺→長楽館で撮影会♪雨の日でもウキウキできるお散歩コース(長楽館編)

ティータイムにはアフタヌーンティー以外にもあっと驚くようなスイーツがあるんですよ。まず早紀ちゃんが注文したのはこちらの「ミルフォイユ」

やばいです。ナイフ入れても崩れないサックサクのパイ生地とキャラメルアイスやばいです。(2回目)この世の全てのミルフィーユ好きに教えてあげたいです。一方私は「ベイクド アラスカ」なるものを頼んだのですが、、、なにやら始まったようです、、、

え?

え?

え゛ーーーーーーーーーーーッ

小学校の理科の実験以来ここでアルコールランプをお見かけするとは、、、説明すると、メレンゲでコーティングしたアイスケーキに点火したリキュールをかけ表面に焦げ目をつける、というものです。燃えた直後はケーキからモクモクと煙が立っているのがみえますよそれでは頂きます!

なにこれおいしい、、、ホワイトラムでフランベされたメレンゲの中に、4種類のアイスやナッツが入っていて、周りのフルーツとトロピカルソースに絡めていただくと、とても美味しいです。見た目も味もパフォーマンスも極上のデザートでした。着物を着ていただくスイーツはその空気感がとても「雅(みやび)」。みなさん是非この風情ある長楽館で優雅なひとときを味わってみてください(^^)

レトロな建物にスポーツカーが馴染みます。「私の愛車よ~」といった感じでパチリ!



いかがでしたか?観光で京都を訪れた方も、京都で暮らす地元の方も、キュっと帯をしめて、いつもと違うオシャレをして街を歩いてみませんか?何気ない風景が「凛」として見えたとき、和服の素晴らしさを実感してもらえると思います。スタッフ一同みなさまのご来店を心よりお待ちしております。

お知らせ「てくてく京都」から30分で行けちゃう!京都不動の人気スポット・嵐山観光ダイジェスト

2018年7月4日    お知らせ 

再び、梅雨空が戻ってきた京都です。
皆さま、お元気でお過ごしでしょうか?

いつの時期も、京都観光の中で
行きたい場所の上位に入るのが「嵐山」です。

大人気スポット・嵐山へは、
「てくてく京都」から、
何と30分もあれば行けちゃうんです!

市バスや、JRを使うなど、
いろんなルートがありますが、
最短ルートは「阪急線」です。

スムーズに行けば、何と17分で嵐山へ到着します!
早いでしょ?

「てくてく京都」で、
サクッときものに着替えて、

嵐山へ行ってみませんか?

ココは絶対外せない!
人気の観光地・嵐山を
おさらいしましょう

嵐山といえば、最初に思い浮かべるのが
「渡月橋」。大堰川に架かる橋です。


平安時代の初めに、
亀山上皇が『くまなく月の渡るに似る』
(曇りのない夜空に、月が渡っていくようだ)
と感想を漏らしたことから由来した名前です。

そんな光景、一度見てみたいものですね。

京福電鉄・嵐山駅には
インスタ映え必至!なスポット
「キモノフォレスト」があります。

京友禅の柄を使って、
高さ約2mのポールに仕立てて 展示した
アートな作品です。
これが何と、約600本も建てられています。


どこで撮っても、ぜったいキレイ!
映えます💛

京都らしさ抜群の寺社も
点在しています。

そのひとつに天龍寺があります。
1339年に創建された
臨済宗の禅寺です。

庫裏の玄関には、禅を象徴する
達磨大師の衝立が飾られています。

方丈には、広い縁が設けられ、
庭園を臨むことができます。

ここが、とっても心地いい空間なんです!
暑さをしのぎ、観光の足を止めた時、
ふと自らを省みることもできます。

…そんなに難しく考えなくても、
心が落ち着く場所ですよ(#^^#)
どうぞ、ゆっくりと京都お寺のしつらいを
お楽しみくださいませ。

嵐山から嵯峨へと向かう途中、
「竹林の小路」が続きます。

緩やかな傾斜がありますが、
歩き進めていくうちに、
竹林が深くなっていきます。

あたりの空気までもが青くみえてくるような
清々しさが魅力です。

instagram.@______chasugram様

インスタ・スポットとしてもおすすめです。

竹林の小路の中には、
「野宮神社」があります。
その昔、天皇の代理として伊勢神宮に仕える
斎王が身を清める場でした。

現在では、縁結びのご利益を求め、
女性を中心に人気の神社です。

夏の嵐山も、やっぱり暑いですが、
川のほとりや、竹林が続く道を散策したり、
お寺の縁側で、ゆったりとした時間を過ごせば、
涼が取れます。

嵐山の豊かな自然に触れ、
洗練された京都の文化を感じてみてくださいね。

お知らせ「てくてく京都」が関西テレビ「すてき歳時記」で放送されます

2018年7月3日    お知らせ 

今や京都には数え切れないほどのレンタル着物店があります。そんな中から、昭和時代のアンティーク着物を扱う「てくてく京都」が、他にないレトロな着物が借りられるお店としてピックアップされ、テレビの取材を受けました♩

早朝の番組なのですが、チェックしていだだけると嬉しいです❤
7月9日(月曜日) 関西テレビ(8ch)「すてき歳時記」AM4:28〜4:30

「てくてく京都」の着物に着替えられたのは、村西利恵アナウンサー。鮮やかなブルーが目を引く「絽(ろ)」と呼ばれる薄い絹の夏着物をお召しになり、10日(火)、11日(水)、12日(木)にも同番組で放送予定の祇園祭にまつわる取材をされました。

夏着物は透けるほど薄く、繊細な絹織物なのですが、ここまで鮮やかなブルーに大胆な柄が描かれた物は珍しいんですよ。

「てくてく京都」では、プロの目で選んだ骨董の着物をレンタル用として取り揃えております。なぜならそれは、コンセプトにこだわりを持ち、観光客のみなさんと一緒に着物がある京都の街並みを遺していきたいから。当店の着物の取り揃えを見てもらえれば、観光客用のポリエステルの着物との違いに気づいてもらえるはず♩

昭和初期、まだ日本が貧しい中、着るものにこだわり、オシャレを楽しんだ女性とはどんな人たちだったのでしょう。遠い昔に想像を膨らませながら、みなさんにアンティーク着物を着て楽しんでもらえたら幸いです。

今回、番組の中で「てくてく京都」の着物が採用されたこと、ネットを通して着物の良さが伝わっていることを大変嬉しく思うとともに、日頃ご贔屓にしていただいているお客様に感謝申し上げます。

早起きが得意な方はぜひ番組もチェックしてくださいね〜♩

 

着物でお出かけ今年の夏は「夏着物」に挑戦♩フォーマルを涼やかに着て女子力UP

2018年7月3日    着物でお出かけ, お知らせ 

京都の夏、たまにはカジュアルな浴衣より、少しフォーマルな装いで観光したいな・・・ そんな方に「てくてく京都」自慢の夏着物コーディネートをご紹介します。

「夏着物」とは、向こうが透けるほど薄く織られた絹でできた着物で「絽(ろ)」や「紗(しゃ)」と呼ばれます。

もちろん、着物の下には白い下着を着るので、ボディーが透けることはありませんよ♩

「てくてく京都」の夏着物は柄もレトロで個性的です。夏着物は単色の物が多いので街中でも目立つこと間違いなしです!

薄い色の着物はダークな帯で印象を引き締めて。こちらの帯、よく見ると・・・

カタツムリが! 着物コーデに季節感を取り入れると、ググっとオシャレ度がアップします。

ブルー系で爽やかに♩着物と帯のオレンジ色がアクセントになって、おとなしすぎない仕上がりに。

帯には丁寧な刺繍が! 夏着物の帯は薄いうえ、単色だと表情が出しにくいのですが、「てくてく京都」では昭和時代の帯の中でも、お客様に喜んでもらえそうなものを選び抜いてレンタルしています。

他ではレンタルできない一点物の夏着物は、見るだけでも一見の価値ありです!季節限定の夏着物プラン。予約時には、「浴衣プラン」か「夏着物プラン」どちらにするか決めなくても大丈夫♩ご来店後、実物を見てから決めてくださいね。お値段は、浴衣レンタルなら3980円、夏着物レンタルなら4980円です。

いつも「夏は浴衣レンタル」という方も、ぜひぜひ「夏着物」にも挑戦してみてくださいね〜!

着物でお出かけ京のかき氷特集③これぞ京都!祇園の町屋カフェ。洗練された味わいのかき氷で暑さを癒す「祇園NITI」

2018年6月30日    着物でお出かけ, かき氷, 話題のカフェに行ってみよう, お知らせ, お味で勝負!絶品グルメ♩ 

皆さま、7月が始まりますね。
梅雨も中休みの暑さが続いています。

お元気でお過ごしでしょうか?

この暑さならではのお楽しみは、
冷た~いかき氷ですね!
毎年、楽しみにされている方も
多いのではないでしょうか。

「てくてく京都」スタッフがおすすめする、
京のかき氷特集、3店目は
京都らしさを堪能できる「祇園NITI」さんです。

どこをとっても京都らしい、
祇園・花見小路の路地にある
町屋カフェ

祇園を代表する繁華街、花見小路通り。
北は三条通りから、南は建仁寺前まで続き、
いつでも大勢の人で賑わっています。

東西の細い路地には、お茶屋さんが立ち並んでいて
いかにも京都らしい風情を感じることができます。

こんな街を、きものや浴衣で歩けば、
それだけで絵になりますね。

ご紹介するお店は、四条通りから花見小路通りを
南に下がり、祇園甲部歌舞練所近くの路地を
入った所にあります。

賑やかな大通りから、静かな路地を奥へと進み、
右手にあるのが「祇園NITI」です。

店に一歩足を踏み入れると、
壁面いっぱいに照らし出された琥珀色のライトが
印象的なカウンターが目を引きます。

夜はバーになるそうですよ。

奥には、自然光が差し込む坪庭が。
かき氷機や蚊やりなど、
夏らしいオブジェが飾られています。

やさしい口どけで暑さを癒す
淡雪awayuki/天然氷のかき氷

お店では、一年中かき氷が楽しめます。
その中でも、やっぱりこの時期は大人気!
お昼を過ぎると、行列も珍しくありません。

こちらの氷は、栃木県日光の氷職人、
四代目徳次郎さんが作る
「天然氷」を使ってるんです。

今日は「淡雪awayuki/天然氷のかき氷と季節の果実」
をいただきました。
席に運ばれてくるだけで、涼やかになります。

自然の寒さで凍らせているからでしょうか?
とってもやさしい口どけです。
それに、あのキーンとする冷たさがないんです。

氷の表面にはメロンが細かに散りばめられています。
食べ進んでいくと、シロップ漬けのメロンが
ごろっと出てきました。

こんなひと手間がかかっているのが、
いかにも京都のお店らしいところ。
ほっとする甘さです。

改めて店を見渡すと、
舞芸妓さんの名前が入った
京丸うちわが飾られていたり。

お店の人と話せば、京言葉が聞けたり。

日中の喧騒を忘れて、
ゆったりとした時間が過ごせます。

夏の京都も、きものや浴衣でどうぞ。
思い出をいっそう鮮やかに、美しく彩りを添えます。

祇園NITI
京都市東山区祇園町南側570-8
075-525-7128
カフェ:11時~18時、水曜休

 

 

アーカイブ