レトロアンティークなレンタル着物てくてく京都

お問い合わせ

スタッフブログ

Blogスタッフブログ

着物でお出かけ京の夏まつり「京の七夕」②鴨川編 浴衣姿で夕涼みしよ♪川辺に揺れる七夕飾りと風鈴灯を愛でるお散歩

2018年8月6日    着物でお出かけ, 観光情報 

皆さま、まだまだお暑いですね…
お元気でお過ごしでしょうか?

今年は前代未聞の猛暑ですが、今や京の夏に欠かせない存在が、浴衣姿の女子たちです。
京都では、お出掛けの際は、夏着物や浴衣を選ぶのが粋な装い。気持ちが華やいで、自信に満ちてきます(#^^#)

「てくてく京都」では、職人さんが腕を振るって仕立てたアンティークの浴衣ばかりを厳選しています。
他とは違う、お客さまらしさを引き立てる個性的な浴衣がたくさんあります!


この夏は、大好きな京都の町で、
いろんな浴衣を楽しんでみてくださいね(≧▽≦)

浴衣でお出かけするのにぴったりなイベントは、
やっぱりお祭りですよね!

いま、夜のお散歩がいっそう楽しくなる、夏の風物詩「京の七夕」が開催中
です。
8月4日からは、鴨川エリアでも始まりました。そのオープニングを飾ったのが、鴨川納涼2018です。

6日からは、「七夕ステージ展示」など、本格的なライトアップが登場しますよ。

嬉しいことに、浴衣や着物などの和装で来場すると、「手提げ竹提灯」がもらえます(*^^)v

期間は8月6日~10日まで、場所は三条大橋北の鴨川本部案内所で19時頃から配布されます。数に限りがありますので、欲しい方は、早めに並ぶことをおすすめします。

浴衣が似合いすぎる!
鴨川沿いを照らす
竹と灯りの散策路

「京の七夕」の鴨川エリアの七夕飾りは、鴨川に架かる御池大橋の南から、三条大橋、四条大橋、団栗橋の南までの間、西側の河川敷です。

七夕ですから、願い事をいたしましょうか。来場者には、絵はがき短冊(1枚100円)が販売されます。発売所は三条大橋の南にあります。そして、願い事を記して、会場内に設置された笹に結びます。

「七夕飾り」は、三条大橋の南から四条大橋、団栗橋の南まで。夜を彩る光に誘われながら、のんびりお散歩が楽しめます。LEDで彩られた笹。青い光が涼しげで、幻想的ですね。

御池大橋の南と、団栗橋の南には「風鈴灯」が飾られています。竹籠の中に風鈴を入れて、LEDの灯りをともしています。丸くて、どこか愛らしい姿で、川辺の道にゴロン、と置かれています。

「ああ、こんな所にあった!」と、
思わず写真でパチリ、としたくなる風情。
竹籠と灯り、風鈴が夏の夜を感じさせる光景です。

皆さまが見つけられた、
ステキなショットを狙ってくださいね。

「京の七夕」、次回は堀川エリアをご紹介します。

京の七夕「鴨川エリア」
開催場所:鴨川河川敷、御池大橋から団栗橋南まで
期間:8月4日~10日
点灯時間:19時~21時30分

 

アンティークなレンタル着物でお散歩 料金・プランを見る

アーカイブ