お問い合わせ

スタッフブログ

Blogスタッフブログ

てくてく京都の投稿

インスタインスタグラムでパッと目を引く写真の撮り方をチェック!

2018年8月13日    インスタ 

写真好きな人やインスタグラマーから「雰囲気のいい写真が撮れる」と指示される「てくてく京都」。おかげさまでリピーターさんに出会わない日はありません。ご贔屓にしてくださっているお客様方、いつもありがとうございます。

Rikako Sogoさん(@rok1005)がシェアした投稿


さて、今日は、「#てくてく京都」のインスタグラムの中でも、スタッフがかわいい!と思った写真をピックアップしてブログに掲載させていただきます。ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました。


カバンも帯も着物も買取たいくらい可愛かった。 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ もたに化粧も髪の毛もセットしてもらって、2人で試着しまくって、帯も飾りも考えて、女の子に生まれてよかった💄社コーエンでよかった。 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 浴衣 de 京都たのしかったなぁ〜 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ もたとゆうやとかいとと4人でおれるのんもあとちょっととか考えられへん。 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 学祭期間いっぱい思い出作ろ。 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ #kyoto #kimono #てくてく京都 #instagood #17shasai #l4l

ほたるさん(@ickwhtr)がシェアした投稿 –


浴衣の袖をキレイに見せながら、個性的なバッグを正面に持つとオシャレですね。帯のレトロ感もいい雰囲気♪ 着こなしとポージングが最高だと思います!


 

嬉しい感想を書き込んでいただきました!

お店でも人気の浴衣らしいです 軽くてサラッと着れます。とても暑かったのですが 全然汗かきませんでした(`・ω・´) ハイカラな帯を活かした 締め方もとても可愛い 浴衣は藍色を基調とした落ち着いた色合いで 少し大人っぽい雰囲気になりますね . 髪飾りは帯の色に合わせたものを 付けていただきました – – – – #イロドリキョウト #てくてく京都



浴衣、鴨川、紙風船、3つのアイテムで古都の夏らしい雰囲気に。このお写真、本当にかわいいですね!


初の琵琶湖花火大会😘! #てくてく京都 #琵琶湖花火#滋賀 暑すぎたけど楽しかった💕

aさん(@asm.n914)がシェアした投稿 –

 

大人っぽい浴衣姿のお二人、とっても魅力的です。お出かけ前に1枚パチリ。店舗のお玄関は最初の撮影スポット♪ 木の表札は「てくてく京都」のシンプルアイコンです。
てくてく京都 烏丸店は地下鉄5番出口から徒歩1分のロケーション。市営地下鉄1駅で京都駅に出られるのでJR線への乗り換えも便利です。滋賀県の琵琶湖花火大会にお出かけされたお二人。ご利用ありがとうございました。


雑誌の中の1ページのようです!レトロな浴衣にビーズのフォーマルバッグを合わせて。コーデがとってもオシャレですよね。


ほかにもインスタグラム「レンタル着物てくてく京都 オフィシャルアカウント」にはキレイな写真、かわいい写真がたくさんです。ぜひインスタもチェックしてくださいね!

かき氷四条烏丸~祇園エリア 食べて本当に美味しかったかき氷8選

2018年8月11日    かき氷 

夏の京都で一度は食べたいかき氷。特に、四条通、祇園エリアでは、かき氷激戦区です。「今年はどこで食べよう・・・」そんな楽しい迷いのヒントに、スタッフが実際に食べてみて「これは!」と思った絶品かき氷8選をお届けします。


①四条烏丸徒歩5分「大極殿本舗 六角店/栖園」

京都の老舗和菓子屋さんが提供する「みぞれ」。「宇治しぐれ」「黒みつしぐれ」「ミルクミント」「レモン」など懐かしさと新しさが混在するメニューは、きっとどれを選んでも美味しいはず。地元の人からも支持されるお店なので、味に対する信頼感は抜群。涼を求めてふらりと訪れたいお店。
過去記事⇒京のかき氷特集①大極殿本舗 六角店/栖園の梅酒みぞれ

「大極殿本舗 六角店/栖園」
京都府京都市中京区六角通り高倉東入堀之上町120
075-221-3311
10:00~17:00 水曜休


②寺町二条「二條若狭屋寺町店」

四条界隈から少し離れますが、京のかき氷界を語るとき、二條若狭屋はどうしても外せないお店。5色のシロップと共にいただくフワフワかき氷「彩雲」です。シロップは、左から、りんご、煎茶、べっこう飴、ピンクグレープフルーツ、ほうじ茶ラテ。ブレンドしたり、氷の中に隠されたフルーツに絡めたり、自分好みにカスタマイズできるから最後まで楽しめることで話題の氷。
過去記事⇒京のかき氷特集②:五色のシロップが美しすぎる、二條若狭屋寺町店「彩雲」

「二條若狭屋寺町店」
京都市中京区寺町通二条下ル榎木町67
075-256-2280
販売9時~18時、茶房10時~17時
水曜休


③祇園「祇園NITI(ニチ)」

栃木県日光の氷職人、四代目徳次郎さんが作る「天然氷」を使用。「淡雪awayuki/天然氷のかき氷と季節の果実」は口どけがやさしく、作り手のこだわりや想いまで伝わってきます。シロップ漬けされた大きなメロンの果肉は存在感たっぷり。シンプルなデザートに暑さも吹き飛びます。
過去記事⇒京のかき氷特集③これぞ京都!祇園の町屋カフェ。洗練された味わいのかき氷で暑さを癒す「祇園NITI」

「祇園NITI(ニチ)」
京都府京都市東山区祇園町南側570-8
111:00~17:30  水曜休
予約不可


④四条河原町「リュボン デ  フリューティー アン カフェ」

果実をそのまま削ったかき氷は、氷ほど冷たすぎず、フルーツの自然な甘みを堪能できます。もっちりした食感もユニーク。きっと、今までになかった新しいかき氷に感動を覚え、再訪する日を想像してしまいますよ。テイクアウトも可。
過去記事⇒京のかき氷特集④超絶美味しい果実氷♪四条河原町「リュボンデフリューティアンカフェ」

「リュボン デ  フリューティー アン カフェ」
京都府京都市中京区河原町三条下がる三丁目奈良屋町291-3 商都ビル 1F
【月〜金】12:00〜18:00
【土・日・祝】12:00〜19:00
予約不可


⑤祇園「page one」

「森田氷室本店」は、創業133年の老舗の氷屋。いわば、スペシャリストが作った氷を使用するかき氷が一年中味わえるお店です。「生絞りオレンジ」はオレンジの果汁と果肉が散りばめられ、口の中でさっと溶けてなくなってしまう繊細さ。器の氷が目に涼しく、透明感のある、美しいかき氷です。
過去記事⇒京のかき氷特集⑤リピーター続出!京都で一番古い氷屋さんのお店「page one」のかき氷は見るも食べるもいと涼し♪

page one」
京都市東山区下河原通八坂鳥居前下る上弁天町435-4
11時~16時、18時~24時 水曜休
075-551-2882


⑥八坂神社前「金の百合亭」

カウンター席から八坂の門を拝められることで人気のカフェ。やわらかな氷にシロップが馴染み、メレンゲのようにふわふわした食感。定番の宇治金時、苺、白桃のほか、餡子とエスプレッソがコラボした「あんぷれっそ」はここでしか出会えない味。
過去記事⇒京のかき氷特集⑥窓際から八坂神社を涼しく眺められる「金の百合亭」が大人気♪

「金の百合亭」
京都府京都市東山区祇園町北側292-2 2F
075-531-5922
11:00~20:00
毎週木曜日、第1、第3水曜休み


⑦祇園花見小路通り「ぎをんさかい」

今SNSでホットなかき氷といえば「ぎをんさかい」。かき氷メニューは2種類。宇治抹茶は茶葉本来の甘みと香りがとても豊か。宮古島マンゴーは新鮮な果肉がジューシーで氷との相性が抜群。ガラスの器がレトロで氷をさらに美しく見せてくれます。木の香りに包まれた落ち着く空間も雰囲気抜群。
過去記事⇒京のかき氷特集⑦祇園でぜひ!「ぎをんさかい」のかき氷がフォトジェニック♪

京都府京都市東山区祇園町南側570-122
075-531-8878
11:00~17:00


⑧八坂神社鳥居内「二軒茶屋」

穴場のロケーションでまるで和菓子なかき氷。シロップは黒蜜、そこへきな粉がトッピングされ、さらに抹茶のわらび餅、小豆、白玉が添えられています。味わい深くて美味しい!一皿で京都の甘味を知り尽くせます。ほか、「メープルレモン」「生絞りキウィ」「ほうじ茶金時」などメニューも豊富。最後に温かいお茶がいただけます。
過去記事⇒京のかき氷特集⑧超穴場⁉八坂神社の鳥居内の歴史ある「二軒茶屋」のかき氷はお菓子のような深い味わい

「二軒茶屋」
京都市東山区祇園町 八坂神社鳥居
075-561-0016~18
11時~20時 水曜休


いかがでしたか?真夏の京都観光に欠かせない「かき氷」。中には話題のお店をハシゴする人も。年々アップグレードされていくかき氷をおいしく食べるならやっぱり夏!キレイに写真に撮るなら、浴衣を背景に♪ まだまだ京都はかき氷日和です。素敵な夏の思い出を作ってくださいね。

お知らせ京のかき氷特集⑧超穴場⁉八坂神社の鳥居内の歴史ある「二軒茶屋」のかき氷はお菓子のような深い味わい

2018年8月10日    お知らせ 

皆さま、こんにちわ。
日中の暑さは相変わらずですね…お元気でお過ごしでしょうか?

浴衣や夏きもので町を歩いて、ちょっとお休みしたい…こんな時は、やっぱり「かき氷」!ですよね~
まだまだ暑い、京の夏に嬉しい「京のかき氷特集」第8弾は祇園「二軒茶屋」さんをご案内いたします(^▽^)/

お店は何と、かの有名な八坂神社の南楼門のすぐそばにあります。室町時代に創業したと伝えられる京都屈指の料理茶屋「中村楼」が営む茶屋で、田楽豆腐が有名です。

軒先にずらずらと品物を置かず、すっきりとしたたたずまいに仕上げたあたりが、いかにもお茶屋さんらしいですね。

店の奥に、「二軒茶屋カフェ」があります。

店内は、木のテーブルと黒の椅子・ソファーがしつられたれたシックなインテリアで統一されています。モダンで落ち着いた雰囲気です。

棚の上に積み上げられているのは『中村楼』と記された黒塗りのお重。店の歴史を感じさせる、ステキなオブジェですね(#^^#)

町の喧騒から離れて、お茶するにもうってつけな静けさです。しかも、なぜか他店のような行列はあまり見かたことがありません。
場所は八坂神社の鳥居内。これは超レアな穴場カフェです。でも、知ってる人は、全国からやってきます(#^^#)

この味わいは、まるで和菓子。
ひとつひとつを丁寧に仕上げた
かき氷

メニューは、名物の豆腐田楽や、わらび餅などの甘味があります。夏のいちばん人気は、かき氷です(^▽^)/

今回は、いろんなお味が盛りだくさんな
「わらび黒蜜きなこ」
をセレクトしました。
ジャ~ン!こちらです(^▽^)/

和テイストな色合いで、一見シンプルな印象ですが、内容はゴージャス。シロップは黒蜜、そこにきな粉がトッピングされています。さらに抹茶のわらび餅、小豆、白玉が添えられているんです。

最初のひと口は、黒蜜の甘さがじんわり。その後、きな粉の香ばしさが、ん?意外な感じです。
さらにわらび餅のツルンとした食感や、ほっくりと柔らかく炊き上がった小豆など、いろんな和スイーツが盛りだくさん。まるで和菓子をいただいているような、深い味わいが楽しめます。

その他にも、いろんなかき氷バージョンがあります。

選ぶのに、迷ってしまいそう…でも楽しみですよね。
かき氷とともに、温かいお茶がいただけます。

ああ、ホッとひと息な、お店です♪

二軒茶屋
京都市東山区祇園町 八坂神社鳥居
075-561-0016~18
11時~20時 水曜休

お知らせ新プラン 持ち込み浴衣プラン登場!! お気に入りの浴衣で花火大会はいかが?

2018年8月9日    お知らせ 

こんにちわ〜(^^)

みなさん、浴衣はもう着られましたか?
今年から、てくてくでは『浴衣持ち込みプラン』を始める事になりました!

持ち込み着付けプラン2,980円〜ヘアセット込みで4,000円!!(8月末まで)

ご自身のお気に入りの浴衣をキレイに楽にお着付けさせていただきますよ。
男性も女性も受け付けておりますのでカップルでお楽しみいただけます

  • 浴衣着れるけどキレイに着たいな♪
  • 下準備が大変だからお願いしたいな
  • 着たい浴衣はあるけど自分じゃ着れない!

持ち込み着付けでしたらそんなお悩みもスッキリ解消しますよ

  • 浴衣持ち込み着付けプラン      2,980円

  • ヘアセット単体プラン        1,980円

  • 浴衣持ち込み&ヘアセットプラン   4,000円 

着付けとヘアセットを一緒にしていただくととってもお得!!

(ヘアセットに、髪飾りはついておりません)

お電話でのご予約をお願いしております。


ご持参いただくお荷物はこちら!

女性の方

    • 浴衣 (新品の場合はしつけ糸、ハンガー、袋を外しておいてください。)
    • 帯  (新品の場合はしつけ糸、ハンガー、袋を外しておいてください。)
    • 浴衣肌着(キャミソール型のスリップ可、お尻まで隠れるもの)
    • 和装ブラ(あれば)ブラトップもオススメ
    • フェイスタオル 3枚(できるだけ薄手のもの)
    • タオルハンカチ 小 1枚
    • 伊達締め    1本
    • 腰紐      3本
    • バッグか巾着 (お出かけ用バッグ)
    • 下駄

しつけ糸って何??


男性用持ち物

男性の方

    • 浴衣
    • タンクトップ
    • ステテコ
    • フェイスタオル 3枚(できるだけ薄手のもの)(販売あり)
    • 伊達締め    1本 (あれば)
    • 腰紐      3本 (販売有り)
    • 巾着
    • 下駄

『浴衣と帯しか持ってないよ〜!』ご安心を・
販売用着付け小物もご用意してますよ

小物がご用意できない方はこちら(販売)をオススメしております。

できるだけお客様の持ち物でさせていただくようにしていますが
お着付けできないと判断した場合はご購入いただく場合もございます。
ご了承くださいませ。
    • 浴衣肌着スリップ   700円 (女性のみ)
    • 腰紐1本       120円
    • タオル 1枚     100円
    • 伊達締め1本     500円 (女性のみ)
    • 帯板  1枚     300円 (女性のみ)
    • コーリンベルト    800円 (女性のみ)
    • 下駄 フリーサイズ  1500円 (女性のみ)
    •    2Lサイズ    1800円 (女性のみ)

浴衣と帯は必ずお持ちください。販売のご用意はございません
男性の方の小物販売は腰紐、タオルのみとなります

在庫がない場合もございます。ご了承くださいませ

『お荷物について』

当日荷物預かり       500円   お一人に付き
翌日までの荷物預かり 1,000円 お一人に付き
貴重品はお預かりできません
お預かりした手荷物の取り扱いには十分注意しておりますが紛失破損に付いては責任を負いかねますので
ご了承ください。

 

<キャンセル規定>
キャンセルはできるだけ前日までにお電話でご連絡くださいませ。(当日のキャンセルはご遠慮いただいております)

持ち込みプラン しつけ糸って何?

 

今年の夏はてくてで浴衣を楽しんでくださいね⭐️

 

 

着物でお出かけ京の夏まつり「京の七夕」③堀川編 京文化が満載!お香がかおるライトアップの中、舞妓さんの踊りも見られる贅沢な七夕

2018年8月9日    着物でお出かけ, お知らせ, 観光情報 

皆さま、残暑申しあげます。

お元気にお過ごしでしょうか?
立秋を過ぎて、朝夕の暑さがしのぎやすく感じられますね。

京都では、お盆に向けて寺社の祭事が増えてきました。夏着物・浴衣が映える時期でもあります(#^^#)

夏の風物詩「京の七夕」も、盛況です。
今回は、堀川エリアをご案内いたします。

会場は、堀川御池を北へ上がり、堀川今出川の南まで。堀川の川沿いの遊歩道です

期間中は、北向き一方通行ですのでご注意くださいね。
アクセスは、地下鉄東西線・二条城前がいちばん便利です。
「てくてく京都烏丸店」から、地下鉄烏丸線・四条から烏丸御池で東西線に乗り換えて二条城前下車です。

始まりは、提灯ゲートがお出迎えしてくれます。

こちらでも、和装来場者へのプレゼントが用意されています。場所は入口近くにある総合案内所です。欲しい方は、急いでお出掛けくださいね(*^^)v

京文化に触れながら、
光のオブジェを楽しんで

川沿いの遊歩道は、夕方になると心地よい風が吹いてきます。七夕飾りも風に揺れて、風情があります。
もちろん、願いを託す短冊も用意されていますよ。

遊歩道沿いには、京都にゆかりのある著名人からのメッセージが書かれた行灯が展示されています

お好きな方のメッセージがあるかも知れませんね。

会場の近くは、京都の伝統工芸のひとつ、西陣織や京友禅に携わる企業や工房が数多くあります。それらに因んだ展示も見られます。
こちらは「光の友禅流し」

友禅流しは友禅染の製造過程のひとつで、染料を定着させるための糊を流すため、鴨川や堀川でよく見られた風景でした。今では、友禅の振興を図るイベントとして行われています。

美しいですね…思わず見とれてしまいます。

陽が落ちると、川辺にかがり火が焚かれます。
堀川の新名物「堀川かがり火のみち」として、お祭りを盛り上げます。

道すがら、さまざまなイベントが開催されています。
こんなライブも。

遊歩道には、さまざまなライトアップがなされます。
「願い七夕」も、たくさん飾られています。

光のオブジェもあちこちに展示されていますよ。

お気に入りの場所で夏の夜を切り取って、インスタに上げてくださいね(*^^)v

途中で、どこからかいい香りが漂ってくることも。
こんな仕掛けも、おもてなしのひとつ。同じ空間なのに、どこか違って感じられます。

かがり火のみちには、屋台村も出ています。期間限定のメニューもあります。
こちらは、魚そうめんを使った七夕限定バージョン。スイカやもみじのかまぼこが、カワイイですね。

「堀川七夕茶屋」では、京都五花街のひとつ、
上七軒の舞妓さんの舞が披露されます。

ステージは2回。①19時30分~②20時30分~です。素敵な舞が見られます(*^^)v

その後、舞妓さんたちとツーショット撮影会もあるんです。めったにない機会です!

「京の七夕」堀川エリアは、京文化を感じながら七夕を楽しめる、贅沢なお祭りです。
夕涼みがてら「てくてく京都」で浴衣に着替えて、ぜひお出掛けくださいね!

京の七夕「堀川会場」
開催日:8月4日~10日
開催場所;堀川遊歩道
点灯時間:19時~21時30分

 

かき氷京のかき氷特集⑦祇園でぜひ!「ぎをんさかい」のかき氷がフォトジェニック♪

2018年8月7日    かき氷 

「てくてく京都」の2018年夏のかき氷特集第7弾。今日は、祇園、花見小路通り沿いの洋菓子店「ぎをんさかい」から、フォトジェニックなかき氷をご紹介します。目印は白木の町屋に赤ちょうちん。このたたずまいから、ここがパティスリーだと想像できないほど美しい和の作りです。

まだ木の香りが残る店内、1階はショーケースに洋菓子がずらり。「ぎをんさかい」は「おたべ」が展開する別ブランドで、素材へのこだわりやお菓子作りのノウハウはお墨付き。ここでは和から一線を画し「粋」をテーマに洋菓子を想像しています。

2階へ上がるとカフェが♪

カウンター席とソファー席がありますが、どちらも静かな大人の時間が過ごせそう。

かき氷は「宇治抹茶」と「宮古島マンゴー」の2種類。ガラスの器がレトロできれい!「大」「小」2つのサイズがありますが、「小」をオーダーするとこのグラスに入れてもらえます。

氷は、シャリシャリ。最近はふわふわの氷が多い中、久しぶりの食感です。抹茶は、濃すぎず、甘すぎず、抹茶本来の旨みと香りが感じられます。すべてのバランスが絶妙で美味。練乳や餡子を添えて、味の変化も楽しんで♪

宮古島マンゴーは、嬉しい果肉入り♪ シャリシャリの氷にソースが溶け込みすぎないところに懐かしさを感じます。新鮮な果肉がジューシーで、観光中のリフレッシュにもぴったり♪

ソファー席では、窓から見える簾(すだれ)や青もみじに涼を感じ、とても癒される空間でした。思わずゆっくりしたくなる素敵なカフェ「ぎをんさかい」。訪れたらきっと誰かに教えたくなるカフェです。

素敵な写真をたくさん撮ってみてくださいね。

アーカイブ