お問い合わせ

スタッフブログ

Blogスタッフブログ

てくてく京都の投稿

お知らせ京都・話題のカフェ巡り:清水寺編「スターバックスコーヒー京都二寧坂ヤサカ茶屋店」

2018年4月20日    お知らせ 

皆さま、こんにちわ。
京都も初夏の陽気が色濃くなってまいりました。
お元気でお過ごしでしょうか?

お花見や入学式、新学期の始まりや、
年度初めの緊張感から、少し開放された頃ですね。

こんな時は、お茶でもしながら、
ほっこりしたいものです(#^^#)
お茶と言っても、京都ではコーヒーかな。

なぜなら、京都人はとってもコーヒー好きだから。
総務省の家計調査で見た、
コーヒー消費量ランキングでは、
例年、堂々の一位をキープしてるんです。

街中には昔ながらの老舗店がありますが、
清水寺や嵐山などの観光名所でも、
新進のコーヒーショップが増えてきました。

お味も確かだけれど、
何よりオシャレ!
インスタ連発で、話題沸騰の店が点在しています。

最近、よくお客さまからお問い合わせがあるのは、
「スターバックスコーヒー京都二寧坂ヤサカ茶屋店」です。


清水寺近くの、二寧坂にあるのですが、
少しわかりにくいのかしら?
それほど、周囲の町並みに溶け込んでいます。

伝統的建造物指定の
日本家屋とスタバがコラボ

大正時代に建てられた、築100年を超える
和風邸宅をリノベーションした店舗です。

2階建ての店で、まずは1階で注文をします。
それから、ほとんどの方が階段を上って、
2階へと向かいます。

2階には、3つのお座敷があります。
靴や草履を脱いで、くつろげるのは、
ホントに嬉しいですよね。

畳の部屋で、フカフカの座布団に座り、
掛け軸を拝見しながら、一服。

おしゃべりが弾んで、
ゆっくりとしたひとときが過ごせます。

明るく開放的な椅子席。
二寧坂の景色も

椅子席もあります。

窓の向こうには、二寧坂です。

賑やかな通りの喧騒から離れた
穏やかな時間が店内に流れます。

そんなゆとりの中から、
偶然隣り合わせた人との会話も
始まる光景も見られます。

このお店に来たお客さまたちは、
皆さん、満足げなご様子。
ゆっくりくつろいだ後、
英気を養って、次の目的地へと
向かわれるようです。

進むばかりでなく、
時には立ち止まって、休息することも大切ですね。

一杯のコーヒーから、
そんなことを教えていただきました。
ご馳走さまでした💕

スターバックスコーヒー京都二寧坂ヤサカ茶屋店
京都市東山区高台寺南門通下河原町東入桝屋町349
8時~20時
不定休

おすすめお友達とレトロ着物でトータルコーデ7選☆対照的な色を選んで可愛さUP!

2018年4月20日    おすすめ, お着物, 本日のコーディネート 

こんにちは!「てくてく京都」スタッフブログです!京都をレトロな着物姿で観光したい女の子たちが集まる「てくてく京都」 レンタルする着物を探し始めると、お好みの着物の色柄を求めてウキウキが止まらなくなりますよね。

でも、今日はちょっと視点を変えて。。。一緒に歩くお友達との素敵なコーディネート例をご紹介しますよ!今回は、二人でご来店のかわいいコーデ集です。みなさん、お互いを引き立てあい、可愛らしさが倍増してますよ!

①色のトーンを揃えてみよう

お友達と好きな色が違っても大丈夫。色のトーンを揃えるだけで、「二人がワンセット」という雰囲気になります。二人のパステルカラーがやさしい雰囲気♪ お上品でまとまりのあるコーデですね。

②二人で季節感のある色味を選ぶとオシャレ

春爛漫の京都の街、柔らかで華やかな色の着物が写真映えしそうです!「季節感あるな~!」なんて着物にシビアな京都の人からも関心されるかも?! 着物の色は共通してフラワー系、バッグもクラッチタイプで揃えているので、着なれた感がありますね。

③二人の着物の色で作りあげる1つのイメージ

こちらのお二人♪ キレイな水色の着物+鮮やかな若草色の着物で、二人で並ぶ姿に「ハっ!」と目を奪われてしまいそう。着物の色が違っても、伝統的な絵柄という点も共通してるので、不思議と「二人でひとつ」の空気感がでてます♪

④着物の中に共通するカラーがあると可愛い♪

着物のベースカラーは違いますが、右側、紺色ベースの着物の中に、左側のお友達のベースカラーを取り込んだ絵柄なので、二人が並ぶと引き締まった可愛らしさがあるコーデです。向こうからこんな二人が歩いてきたら、「かわいいな~」と思わずジーっと見てしまいそう(笑)

⑤3つの「共通点」で美しいコーデに♪

次はこちら。美しいですね!「光沢のある質感」「伝統的な柄」「トーンが同じ」と共通点が3つもあれば、「着なれた二人」という印象になります。お上品で、レンタル着物を御召しの観光客には見えませんよ。

⑥「超」のつく上級者コーデ♪

次のお二人。スタッフもびっくりな抜群のセンスのお持ちのお客様たち。お二人とも個性のあるレトロな着物を着こなされてます。それぞれに好きな着物を選んでも、共通するカラーが散りばめられた二人のコーデはカンペキ!とってもオシャレですよね!鬼のお面もレトロな雰囲気に似合ってますね!

⑦対照的な色の着物も「帯の色」でトータルコーデに♪

ピンク系とみどり系、まったく異なる色味でも、二人のコントラストがはっきりして、お互いを引き立てあうことができるんです。でも、帯の色はお友達の着物の色味に寄せることで、まとまりのあるコーデになってますよね。

いかがでしたか? お友達と一緒に着物コーデしてみれば、写真映えもするし、ますます絆が深まりそう♪ 姉妹店「イロドリキョウト」にも、かわいいレトロ着物がたくさんあります。「イロドリキョウト」は少しお財布に優しい価格帯なので、こちらもご検討くださいね。

着物でお出かけ着物レンタル当日☆てくてく京都で着物選びをスムーズにするコツ3つ

2018年4月19日    着物でお出かけ, おすすめ, お着物 

こんにちは!「てくてく京都」スタッフブログです!観光のご案内が多いスタッフブログですが、今日は、着物をレンタルする当日、数えきれないほどのレトロな着物の中からお気に入りを見つけるための、ちょっとしたコツを3つお伝えしたいと思います。


着物選びのコツ1―色味をきめよう

数百種類ある着物も、ざっくりと、暖色系、寒色系、薄めの色、濃い目の色、などに分類することができます。お客様が着たいと思われる着物のお色味のイメージを持ってご来店いただき、スタッフに伝えていただけると、スタッフもどんどん着物選びをお手伝いいたします♪

色味を迷われるお客様は、行き先によって色を決められてもいいと思いますよ。例えば、新緑の頃は、みどり系の着物は避ける、シックなお寺に行く時は、赤系など明るい色味にする、など。背景となる色に映える色を選ばれると、より写真映えするはずです!


着物選びのコツ2―雰囲気をイメージしよう

モダン、レトロ、可愛い、古典、など、柄と色の組み合わせで着物の持つ雰囲気もさまざまです。雰囲気をイメージするのは、コツをつかめば簡単ですよ。「いつもの自分らしくありたい」「いつもとは違うイメージに変身したい」など、レンタル着物でどんな風に京都を観光したいのか、楽しく想像してみてくださいね。


着物選びのコツ3-どんどん試着しよう

少しでも気になるお着物を見つけたら、どんどん試着してみてくださいね。イメージしてた色味も「ん?」と違和感を感じたり、「やっぱりこの色がいい!」と、好みがハッキリ分るきっかけになりますよ。見てるだけじゃ分からないことを感じていただくためにも試着は大切です!



今日ご紹介したコツ3つをおさえても、実際、どんな着物がレンタルできるのか分からない!と思われる方も、「てくてく京都」のホームページなら安心♪ ギャラリーのページで着物コーディネートをご紹介しています。さらに、烏丸店、清水店、プラン別に絞り込みができるので、ご来店前にお好みの着物を探し始めることができます!

実際に、携帯写真を見ながら、「この着物をレンタルしたい」とおっしゃってくださる方もいて、スタッフも一緒に探したりすることも多いんですよ。

ときには、気に入ったお着物でも、店舗になかったり、サイズが合わず、「残念!」ということもあるのですが、イメージを持っているお客様は、最後まで楽しく選ばれています♪

ぜひ、「てくてく京都」の「ギャラリー」をご覧いただき、ご来店前から京都の街を着物で観光するワクワク感を楽しんでくださいね。

京都で着物をレンタルされるお客様たち、みなさん「なりたい自分」に変身して表情が輝いてらっしゃいます。お友達とペアーでコーデしてみたり、彼氏に選んでもらったり。たくさんのかわいいレトロな着物の中から、「あれもかわいい」「やっぱりこっちがいいかなあ」と、お友達と迷いながら着物を選ぶのはとっても楽しい時間です。みなさんの京都観光が少しでも思い出深いものになりますように、スタッフ一同、みなさまのご来店をお待ちしております!

お知らせ京都で着物をレンタルして買いに行こう☆ほんまもんの八つ橋「益壽糖」

2018年4月18日    お知らせ, 美味しおす 

こんにちは!「てくてく京都」スタッフブログです!着物をレンタルして京都の街を歩いてみれば、背筋もシュッと伸びて「ほんまもん」の京都が知りたくなるかも。今日は「てくてく京都」で着物に着替えるみなさんに、「ほんまもんの八つ橋」、井筒八つ橋本舗の「益壽糖(えきじゅとう)」をご紹介します♪

益壽糖(えきじゅとう)とは?

ちまたでは「スーパー八つ橋」とも言われる「井筒八つ橋本舗」の「益壽糖(えきじゅとう)」。実は、地元の人でもこの八つ橋の存在を知らない人も多いんですよ。みなさんがよくご存知の餡子入りの八つ橋はお土産用。この「益壽糖(えきじゅとう)」こそ、元祖八つ橋なのです!!

「益壽糖(えきじゅとう)」とは、江戸時代中期、京都最高の和菓子として日本全国に名をはせた和菓子で、もともとは、滋養強壮のため和漢生薬が練りこまれた八つ橋でした。使われている生薬は、人参、レイシ、クコ、桂皮など。もちろん、和三盆のお上品な甘みで調整されているので、一度食べると忘れられない八つ橋になるはず♪

近年では、明治天皇がわが子(大正天皇)の食の細さを心配して、「益壽糖(えきじゅとう)」を食べさせると、食欲が回復したと、とてもお喜びになったそうです。

「元祖」八つ橋「益壽糖」、ご年配の方へのお土産にも、話題性のある珍しい贈り物としても、自分用にも、「てくてく京都」スタッフが自信を持っておすすめします♪

販売は「井筒八つ橋本舗 祇園本店」、「ホテル日航プリンセス京都」や「ホテルグランビア京都」と「トニトニ」くらいで、百貨店の地下や普通のお土産屋さんでの販売はありません。着物をレンタルして「益壽糖」をお土産に♪みんなが驚いて喜んでくれるお顔が旅の締めくくりの思い出になりそうです♪

「そうだ!京都で着物をレンタルしてみよう!」と思われたら、アンティーク着物がひときわ目を引く「てくてく京都」をご利用ください。祇園、清水寺散策には「清水店」を。北へ、南へ、地下鉄やバスを利用される方は「烏丸店」が便利です。

多くのみなさまにお会いできるのをスタッフ一同楽しみにしています!

着物でお出かけ清水寺散策に外せない!超人気のカフェ&甘味と京雑貨

2018年4月17日    着物でお出かけ, 美味しおす 

皆さま、こんにちわ。
すっかり、初夏の陽気になりましたね。
京の街では、青もみじが美しい季節です。

八重桜は、今がちょうど見頃です。
ここ、どこだかわかりますか?

そうです!人気の八坂庚申堂です。

ご存知の通り、この通りは、
清水寺や八坂神社などへ続く、京都でも有数の観光地です。
地元の私たちでも、気になるお店がいっぱいあります。

会えれば超ラッキー🍀な、
京都の情景・デザートラテ

不動の人気を誇る、「ロッカアンドフレンズTRUCK」。

季節の移ろいに合わせたメニューがあって、
いつ訪れてもワクワクが止まらないですっ(≧▽≦)

そして、ついに今回、今や超レアメニューとなった
「京都の情景とデザートほうじ茶ラテ」
ゲットしました!

美しいです…感動します💛
ほうじ茶は、濃厚で苦みも楽しめます。
クリームも重厚なので、
結構ボリュームありますよ。

こんなカンジにしても、映える~(^▽^)/
見て、食べて、そして飲んで、
じっくり楽しめるメニューです。
皆さんも、会えるといいですね。

◆ロッカアンドフレンズTRUCK

 京都市東山区八坂上町370
 090-9690-5431
 9時~18時、水曜休

気持ちが動く香りと
かわいいお花のサシェ

きものを着ると、
和テイストの雑貨店が、気になりますね(#^^#)

いい香りに誘われて、見つけたお店
「香十」です。

京都で創業し、440年の歴史をもつ香司です。
東京へ進出されていて、銀座や八重洲などにも
店を構えています。

季節の移ろいを香りで表現した
お香をはじめ、お香立てやお皿、
その時期に咲くお花のサシェがあります。

今は桜です。
次の季節へと、楽しみが続きますね。

香十 二寧坂
京都市東山区桝屋町349-8
075-551-0285
10時~18時

京スイーツの王道、おだんご。
やっぱり、ほっこりします。

二寧坂から三年坂への道すがら、
「京だんご藤奈美」で一服。

みたらしだんごや、わらびもちなど
和のスイーツがあります。

みたらしだんごと、ホットの「洛水」をいただきました。

ああ、ホッとします…

京だんご藤奈美
京都市東山区清水3-338-39
0120-81-2473
10時~18時


高台寺から八坂神社あたりは、
もう、こんな風情です。

青もみじも、きものに映えますね💛

ぜひ、京都へお越しください。
レンタルきものは「てくてく京都」へ。

おすすめ平安神宮内「トニトニ」(後編)見つけた!かわいいお土産5つ♪

2018年4月16日    おすすめ, 観光情報 

こんにちは!「てくてく京都」スタッフブログです。平安神宮境内の「トニトニ」の後編は、店内で見つけたかわいいお土産の中から、スタッフが特に気に入った物を5つご紹介しますね!



1-「嘉楽本舗たにぐち」の作るパステルカラーの砂糖菓子

まずは、「幸運陵蘭(こううんりょうらん)」から「嘉楽本舗たにぐち」の作るパステルカラーの砂糖菓子です。紫、黄、ピンク、水色、白、どれも優しく涼しげな色で思わず手に取ってしまいました。

「嘉楽本舗たにぐち」は明治41年から京都でお菓子を作り続けています。江戸時代から続く老舗和菓子店の多い京都では、「若手」に入るのかもしれません。でも、人の気持ち明るくし、楽しませてくれるようなお菓子が多いのが特徴の「嘉楽本舗たにぐち」。お味は、不思議なくらいあっさりとした甘さのキャンディーで、紅茶やコーヒーを飲むときのシュガーとしても利用できますよ♪

 

 

2-お弁当に見立てたキャンディーボックス

握りずしや巻きずしバージョンなども♪京都の飴って見てるだけでも楽しいですね。


 

3-「鈴ラムネ」

女子はパステルカラーに弱い!そんな弱点(?)を知り尽くしたような、お菓子が揃うなか、レジの前で一際目を引いていた「鈴ラムネ」思わずその可愛らしさに顔がほころびます。ほかにも、渡す方も、もらう方も、双方が幸せな気持ちになれるお菓子がたくさんありました。一見の価値ありですよ~♪

 

4-「紀翔」の野菜ジャム

「金時人参」「ごぼう」「ゆず」「梅」など京都らしい素材で丁寧に作られたジャムが小瓶に入ってます。小さな瓶なので、重たさも気にせずお持ち帰りできそう♪ 京都の人って「伝統」を重んじるイメージかと思いますが、実は、「チャレンジ精神」とか「新しい物」とかも大好きです。人参をジャムにするなんて、冒険ですよね!?きっと、京都らしくて話題性たっぷりのお土産になりますよ。



5-椿堂練り香水

京都の舞妓さんも愛用する練り香水♪ うさぎ柄のかわいい器に入った練り香水の香りは「柚子」「すずらん」「つばき」「桜」「沈丁花」など、10種類! ワセリンやミネラルオイルベースなので、柔らかく伸びがいいので、使いやすいですよ。香りもきつくはないので、これを機に香水デビューしてみてはいかがでしょう?


ほかにも「トニトニ」1階は和雑貨や京都のご当地コスメ、マニキュアなどがたくさん♪「てくてく京都」スタッフもつい長居してしまいました。平安神宮に行かれる方は、疲れた足を休めるにも、お腹を満たすのも、お土産選びも「トニトニ」が便利すぎました!ぜひ行ってみてくださいね☆


 

アーカイブ