お問い合わせ

スタッフブログ

Blogスタッフブログ

お知らせ30代、40代、50代の女性からも支持される「てくてく京都」のアンティーク着物と髪飾り

2018年5月29日    お知らせ 

こんにちは!「てくてく京都」スタッフブログです!最近は、ご家族やご姉妹でのご来店も多い「てくてく京都」です。親子で一緒に着物を選んでお出かけされたり、お友達同士、青春時代に戻った気分で、着物に着替えて京都観光されるケースも。年を重ねても着物を着たい!と思っていただけることをスタッフ一同嬉しく思っております。

「てくてく京都」では、日頃からいろんな年齢層の方に安心してご来店いただけるよう、可愛い系から落ち着いた印象の着物まで、レトロアンティークの着物ラインナップを豊富に取り揃えております。

10代、20代の方は「インスタで見て来ました」と言ってくださる方が多いのに対して、お母様世代は「インターネットで検索しました。私たちの世代でも恥ずかしくない着物があると思ってこちらに来ました」とおっしゃっていただいてます。ホームページから着物の質や雰囲気がきちんと伝わっていることを感じ、これもお客様ギャラリーのページの充実にご協力いただいている皆様のおかげだと感謝しております。

今日は、そんな中から、素敵なファミリー、お友達のスナップをご紹介しますね。



親子で着物を来て京都をお散歩。これ絶対思い出に残りますね。「てくてく京都」は男性のお着物もご用意がありますので、ぜひお父さんも加わってくださいね〜 

なかには、お支払いはお嬢様が、というケースも♪ お母様へのプレゼントなのかな、と微笑ましい限りです。素敵な親子ですね。

注)お子様用のレンタル着物は「清水店」のみ取り扱いがございます。「烏丸店」でのご提供はありません。

普段お洋服では着ない色を♪ と 着物だからこそ久しぶりに着れる色があります。

ヘアーセットも一緒にご希望の方には、大人の女性にもお使いいただける鼈甲(べっこう)のかんざしをご用意しております。

下の写真、後ろ姿に折り鶴が揺れるのもさりげなく可愛らしいですね。「てくてく京都」はあらゆる年齢層の女性に着物を着てときめいてほしいから、いろんなテイストの髪飾りをご用意しております。

コサージュ風の髪飾りもグレーをメインにすれば安心♪

最近、元気な色は遠ざかりがち、という方も、水引細工で取り入れて見ては?バックに一つだけなら可愛くなりすぎずに使えますよ。

いくつになっても「かわいい物」にウキウキする気持ちが止められない。女性には、いくつになってもこの気持ちを大切にしてもらいたいから、「てくてく京都」では、かわいいのテイストもさまざま取り揃えてます。これからも、みなさまの素敵な思い出作りのお手伝いができればと思っておりますので、スタッフ一同、みなさまのご来店を心よりお待ちしております!

 

 

お着物単衣の着物だから涼しい☆初夏向け着物の生地を写真でご紹介します

2018年5月24日    お着物 

こんにちは!「てくてく京都」スタッフブログです!気温がグングン上がってきたこの頃、着物で京都を観光するのって暑いのかな…と心配される方のために、今日は単衣(ひとえ)の着物の一部をご紹介します。
単衣(ひとえ)とは、簡単に言うと、生地一枚の着物なので、サラっとしていて着心地がいいんですよ。

「銘仙(めいせん)」や単衣仕立ての紬(つむぎ)は、シャリ感があり、見た目にも涼やかです。
絹ですので体温調節をしてくれる優れもの♡

デニムのパンツより涼しく、マキシ丈のスカートやガウチョのような感覚で着ていただけるので、6月であれば、まだまだ着物をお楽しみいただけます!



鮮やかなブルーが混じる生地は夏らしいですね。一番左の、黒字に赤と黄の大胆な絵柄の着物も、花火を思わせ、重たさを感じません。

下の写真、シャリっ、パリっ、とした絹の質感を写真からお分かりいただけますでしょうか? 淡い色は、夏の鮮やかな空の下、涼やかに着て頂けると思います。紬独特の質感ですね。

下の写真、左端の3色ストライプがレトロで目を引きますね。紺色の帯などを使用すると全体の印象がキュっと締まって、メリハリがでそう。一番右の鮮やかなレモンイエローは元気よさの象徴。柄のオレンジと共にビタミンカラーで、まとうだけでハッピーになれそうな一枚です。

「てくてく京都」のレンタル着物は、独自のルートで買い付ける大正時代から昭和初期の着物がほとんど。さらに、毎日着物を見ながら仕事をするスタッフたちの審美眼は相当なもの。あまり外に出回らない色味とデザインを選りすぐって、お客様に着ていただけるよう、日々着物の入れ替えを行っているんですよ。

そんな甲斐あって、てくてく京都はリピーターさんが多いのが特徴です。きっと、いつお越し頂いても、前回とは違う着物に出会えるはず。いつものお洋服とは違う色がいいな♪ やっぱりシルクの光沢をまとってみたい♪ 想いのままに、ファッションとしてアンティーク着物をお楽しみいただけると嬉しいです。

単衣のお着物でお出かけ!
正絹の着物を扱っているからこそ季節が変わるごとに着物も変わるのです。

こんな記事も読まれてます。この着物も紬の単衣物なんですよ〜。

京都のおとな旅ー期間限定『京の夏の風物詩を先取り♡鴨川納涼床ランチ』の巻

 

 

最近では、アラフォー、アラフィフのお客様にもお越しいただいております。スタッフ、本当にうれしい限りです!てくてく京都なら、どんな年代の女性にも気に入ってもらえる豊富な色とデザインの着物が揃っていますよ。着物で京都観光は「若い子の流行り」ではありません!いくつになっても、お友達同士、姉妹で、親子で、お楽しみいただけます。思い出は、語るものでなく作るもの!スタッフ一同、みなさまの思い出作りのお手伝いをさせていただく事が何よりものやりがいとなっております。このブログをご覧のみなさまのご来店を心からお待ちしております。

着物でお出かけ初夏の風に誘われて祇園散策 ✨白川通り、八坂神社、祇園辻利でパフェも💛

2018年5月24日    着物でお出かけ 

皆さま、こんにちわ。
お元気でお過ごしでしょうか?

五月晴れが続くこの頃は、
京都の街に吹く風が、とても心地よい季節。
お散歩するには、いい季節です。

今日は「てくてく京都」のブログ上で、
さくらちゃんといっしょに、
祇園を散策しませんか?

ロケーションも、素敵な所がたくさんあります(^▽^)/

鴨川に架かる三条大橋も、ステキな撮影スポットです。

今日は風が少し強くて、
着物の袖がフワフワと風に遊ばれてしまうけれど、
すがすがしいお天気です。

白川通と新橋通りには、
風情溢れる茶屋が立ち並んでいます。

辰巳大明神は、その分岐点に祀られています。
芸能上達の祈願にと、
祇園の芸・舞妓さんたちがお参りします。

四条通りで、京都の都市伝説のひとつ、
幸せを運ぶタクシーを発見!
ヤサカタクシーの「四つ葉のクローバー号」です(^▽^)/

1300台中、4台しかない、希少なタクシー、
乗車すれば、幸せを運んでくれると言われています。
さくらちゃん、今度は乗ってみたいね。

ふだんは、ダンスチームに所属する、
アクティブなさくらちゃん。
「着物を着たら、神社やお寺に行きたくなります」
と、気持ちが和に向いて、落ち着くようです。

そこで、八坂神社へお参りに行きました。

境内には、美の守護神「美御前社」があります。
社殿前に湧く「美容水」をつけて、
美しさに磨きをかける、さくらちゃん。

お参り後は、祇園辻利に立ち寄って、
抹茶パフェで一息つきます。

本日のベストショットですね(#^^#)

意外に簡単?けっこうハマる!
老舗・京菓匠「甘春堂」で和菓子作り教室

豊国神社の近くに店を構える「甘春堂」は
江戸時代後期の1865年に創業した、老舗の和菓子店です。

こちらで開かれている、和菓子作り教室へ参加しました。

教室には、若い女性をはじめ、
修学旅行の学生さんや外国人の方など、
いろんな方々が訪れていました。

職人さんが、ひとつずつの工程を
わかりやすく実演してくださいます。

最初は、緊張気味なさくらちゃんでしたが、
手に取って、作っていくうちに
だんだん楽しくなってきました。

お菓子の原料を、手で丸めたり、形を整えたり。

道具も使いながら、器用に形を作っていきます。

上生菓子は3種類を作りました。
ういろは「梅の精」、練り切りは「撫子」
きんとんは「つつじ」です。
生砂糖(きざと)で作った干菓子は「あやめ」の花です。

さくらちゃん、上手すぎ…

ひとつは、抹茶とともに、その場でいただきました。

「難しそうだったけど、作っていくうちにはハマりました」
と、さくらちゃん。
着物で、京都の文化を満喫した一日でした♪

皆さまも、京都の旅は、ぜひお着物で。
ワクワク気分で町歩きが楽しめますよう、
「てくてく京都」がお手伝いさせていただきます。

京菓匠 甘春堂 和菓子教室<清水寺・東山会場>

京都市東山区川端正面東入る
075-561-1318
要予約

着物でお出かけ京都のおとな旅ー期間限定『京の夏の風物詩を先取り♡鴨川納涼床ランチ』の巻

2018年5月22日    着物でお出かけ, 美味しおす 

皆さま、こんにちわ。
5月も下旬になり、京都も初夏の装いです。
鴨川の京の夏の風物詩・納涼床が始まっています。

今日は、京都の初夏ならではの楽しみを、
さくらちゃんが案内してくれますよ(#^^#)

もちろん、季節にふさわしいお着物で出かけます(*^^)v
白を基調にした紬の単衣は、軽くて着やすさが特徴。


紬は、普段着の最高級のきものなんです。
見た目にも涼やかで、これからの季節に、ぴったり。

お花模様が先染めされていて、キュートさもあります💛

朱色の大ぶりな花をあしらった帯で、
着こなしにアクセントをつけてみました。

何てったって、納涼床ですから、
カジュアルさの中にも、おしゃれ感がなくちゃね。
お出掛けする場所に合った着こなしも大切なんです(^▽^)/

迷った時は「てくてく京都」のスタッフにご相談を。
着物の目利きには、ちょっと自信あります(#^^#)

バッチリ決めて、行ってきま~す!

鴨川納涼床でお料理をいただく
リッチな“川床ランチ”は5・9月限定!

鴨川に納涼床が出されたのは、江戸時代の初期。
料理屋や水茶屋が、祇園祭の宵宮の頃、
盆地で暑さが厳しい京都の夏に、
少しでも涼しく過ごしてもらおうと、
木屋町二条から五条間の「禊(みそそぎ)川」に
高床を作ってお客さまをもてなしたのが始まりです。

現在では、京料理店だけでなく、
イタリアン、フレンチ、タイ料理など、
さまざまなお店が100店近く軒を連ねています。


場所は、鴨川と並行して南北に通る
4つのエリアがあります。
今日は、三条から四条までの先斗(ぽんと)町にある
「京料理・先斗町富美家」で、
昼床ランチをいただきます。

この時期に開催される「鴨川をどり」の会場、
先斗町歌舞練場の2軒目にあります。

道すがら、舞妓さんに出会いました(#^^#)

さあ、いよいよお店へ。

鴨川からの風が気持ちいいです~♪

今回は季節の一品が盛り合わせられた、
川床御膳を予約しておきました。

お料理、来ました(#^^#)
どんなのかな?楽しみ…

おもむろに蓋を開けると…

うわ~、京都らしさ満載です💛

お料理をご紹介しましょう。

季節の一品は、ばい貝、鴨のロースト
モロコの甘露煮、くらげの白和えとだし巻き卵など

天ぷらは、海老、かぼちゃ、なす、ししとう。
カラっと揚がっていて、職人の技を感じます(^▽^)
お刺身は、鯛、まぐろ、
ちりめん山椒とごはん、香の物、赤だしです。
京都らしい献立ですね。

デザートは、抹茶ムースでした(^▽^)/

納涼床は、本来夕涼みがてら、
お料理を楽しむものですが、
多くのお店が気候のいい
5・9月に昼床を出しています。

事前に予約しておくと、ゆっくりとできますよ。

先斗町富美家

京都市中京区先斗町通歌舞練場南隣2軒目
075-211-5054
予約が無難 昼床は5・9月のみ、無休

*烏丸店・清水店からも、
先斗町までは徒歩圏内ですが、
暑くなるこれからの季節は、
サクッとバスに乗っちゃうのがオススメですよ〜

*600円の一日乗車券で
乗り放題なのです!!*

一回の乗車230 円。3回乗れば元が取れちゃう💛
京都観光で絶対忘れちゃいけない必須アイテムです!

京都地元の子なら知らない人はいない、
すっごくお得なカードです。
ぜひ、使ってみてくださいね!

 

 

お知らせ紫の着物の絵柄をアップ/ 大正〜昭和初期のリアルレトロは超オシャレ

2018年5月17日    お知らせ 

こんにちは!「てくてく京都」スタッフブログです!もうすぐ6月。紫陽花の季節だからか、妙に紫系の着物が着になるスタッフ。今日は、紫ベース で見た目に涼しく、雰囲気が妖艶な着物の絵柄アップでご紹介しますよ♪

「てくてく京都」では、大正時代から昭和初期にかけて、実際に当時の女性たちが日常で着ていた着物をレンタル着物としてお客様に着ていただいてます。今日は、ただ「かわいい」だけではない「てくてく京都の着物の良さをお伝えできれば、と思います。


最初は、「え?紫?」とその奇抜な色合いに驚かれるお客様も多いんです。でも、ひとたび試着してみれば、紫の奥深さ、赤紫から紫紺まで、独特の妖艶さに魅了されてしまうんですよね。明治から昭和初期にかけての女性は、とってもオシャレだったんだな〜、と思わず気持ちがタイムスリップ!「てくてく京都」の着物は、絹や織物で仕立てられた90年も前のリアルな着物なんですよ!

下の写真一番左、紫地に赤、黄土色など、レトロ感たっぷり。「レトロ感」と簡単に言うのがもったいない、骨董品クラスの着物が揃っているのが「てくてく京都」です。試着は自由ですから、ぜひみなさん、袖を通してみてください!きっと、色彩豊かな当時の日本人女性の感覚に驚かさせれるはずです。

スタッフのお気に入りが、次の写真の左側の生地です。黄色みを帯びた紫色は、日本人のお肌に馴染みやすく、牡丹の絵柄の朱のグラデーションで、いっそう柔らかな印象になります。

右側、ごく薄いブルーグレーに描かれた葡萄の絵。まさに今のシーズンにぴったりですね。着物の柄に季節感が加わると、オシャレ度がグーンとUPします!

下のお写真、「胴裏(どううら)」と呼ばれる、袖の内側の生地の色が赤いものは、特に年代が古物です。綺麗な状態で残っている物が少なく、着物の世界ではお宝扱いなんですよ。歩いていると、後ろから袖の内側にチラチラ と赤が見えて、格別に妖艶な雰囲気です。

紫+大胆な絵柄 に少し抵抗を感じる方には、伝統的な小花柄も揃ってます。合わせる帯の色によって、お上品な雰囲気を出せたりもするのが紫色の面白いところです。紫色は、もともと高貴な色なんです。「紫=個性的」というイメージは 現代の感覚かもしれませんね。

少し分かりにくい写真になってしまいましたが、グレーがかった紫色のお着物もあります。優しいお色でありながら、深みがありますよね。この辺の色は「てくてく京都」の得意とするところ。優しく涼しげなお色味を、という方にオススメです!



いかがでしたか?リピーターさんが多いてくてく京都では、順次着物を入れ替えて、新しい着物もどんどん入って来ています♪ 何度ご来店いただいても、着物を選ぶ楽しみを感じていただけると思いますので、今後もごひいきにお願いいたします。

お知らせセミロングのヘアーセットもお任せ☆アップで豪華に♪ダウンで可愛く♪

2018年5月11日    お知らせ 

こんにちは!「てくてく京都」スタッフブログです!せっかくの着物スタイルだから髪の毛も可愛くしたい!アップにしたいけど、セミロングだと、どんなスタイルにできあがるのかな・・・今日は、こんな心配を跳ねのけるために、3人のお客様にご協力いただき、ヘアーセットbefore ・afterのお写真を頂戴しました♪



お1人目のお客様。お友達から、「てくてく京都の着物がかわいい!」と紹介されて、岡山からのご来店です。髪の毛の長さは肩ほど。レイヤーが入っていているので、自分で華やかにアップスタイルにするには難しい長さですよね。

でもでも!「てくてく京都」のスタイリストにお任せいただくと・・・肩までの長さとは思えない仕上がりに♪ 小さめ髪飾りはお値段そのままで2つお付けすることができますよ。

後ろから見ても、しっかりボリュームアップされてて、豪華!お客様も大満足でした♪

次のお客様も、髪の毛は肩上までの長さです。レトロなお着物にはこのままのヘアーでも似合いそうな気がしますが、アップをご希望になりました♪

フォーマル感のある絹のお着物を選ばれるときは、やはりアップにすると雰囲気がグレードアップしますものね。
飾りにはアンティークのかんざしをチョイス。後姿も和の趣たっぷりです!

さて、お次は、ダウンスタイルのご紹介です。

緩めにねじり、ハーッフアップにすると華やかさアップ⬆︎🌸

ナチュラルにカラーリングされた髪の、柔らかな印象を引き立たせた仕上がりですね♪ 後姿も、下ろした髪の毛に空気をはらんで、歩くたびに動きが出るのもかわいい♪ 思わず、前に回って振り返りたくなりません?髪飾りは自由に選んでいただき、スタイリストが可愛らしい位置に、角度につけてくれるので、最後まで安心です。



いかがでしたか?てくてく京都のヘアーセットでは、サンプルのお写真から希望のスタイルを選んでもらいますが、中には、「こんなスタイルにしたい!」とご希望のお写真を持ってこられる方もいらっしゃいますよ。着物で京都を歩く特別な時間を全身で楽しんでいただけるよう、スタッフ一同お手伝いさせていただきます!スタイリストさんによると、「えりあしが5センチもあればアップにできる」のだそう。着物に負けないくらい華やかになって、京都で過ごす時間を満喫してくださいね。

ヘアセットプラン 1,020円

注意)メイクのサービスはございません。また、店内でのメイクもお断りさせていただいております。お着物にパウダーが飛んだり、他のお客様のご迷惑にならないよう、メイクはご来店前にお済ませください。ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

着物でお出かけそうだ、京都タワーへ行こう♪景色見て、和菓子作り、食事やお土産も揃う最強スポット

2018年5月11日    着物でお出かけ, おすすめ, お知らせ, 美味しおす, 観光情報 

皆さま、こんにちわ。
GW明けの一週間、お勉強もお仕事も
お疲れさまでした(^▽^)/
そして、これから京都へお越しくださる方、
ようこそです!(^^)!

5月8日から、「てくてく京都・清水店」は
東大路通沿いに移転しました(^▽^)/

市バス「清水道」下車すぐの絶好の立地で、
京都屈指の観光名所・清水寺や祇園への
お出掛けが、さらに便利になります。

リニューアルした「てくてく京都・清水店」」へ、
ぜひ、お着物を選びにいらしてくださいね。

ところで皆さま、京都へはJRか新幹線での
お越しが多いことと思います。
とすれば、京都駅の正面にそびえ立つ、
あの存在、気になっておられるのでは?

そう、京都タワーです!

実は京都タワーって、
見る・作る・食べる・買うという、
京都観光のお楽しみがギュッと凝縮された、
”かくれ名所”なんです。

『ああ、時間ないけど、京都したい』時や
『雨だし、町歩きが辛い』時、
『何か、気になる』という時などに
おすすめです(^▽^)/

では、京都駅からいちばん近い、京都観光の名所、
京都タワーへ、ブログツアー出発しましょう!

京都の景色を一望できる
地上100mの展望室へ

京都タワーの開業は、1964年12月28日。
設計したのは、
京都大学工学部建築学教室の棚橋諒教授と
建築家の山田守氏です。
京都の街にふさわしい、優しいイメージで、
白い円筒状のタワーがデザインされました。

その姿は、灯台をイメージしたものだそうです。
市内の町家の瓦葺きを波に見立て、
海のない京都の街を照らすというコンセプト。
京都人にとって、海は憧れなんです…

その眺望は、まさに京都一!
ぐるーっと、市内を一望できます。

ここは、烏丸通りから北へ。

望遠鏡や双眼鏡は無料です(^▽^)/

晴れた日には何と、大阪湾まで見えちゃうとか!

京都でいちばん空に近い場所にある神社、
知っています?
「たわわちゃん神社」です。

“たわわちゃん”は、
京都タワーのマスコットキャラクターです💛
かわいい~

いろんなグッズも販売しています。

展望室からの眺めは、気分上がりますよ!(^^)!
日中だけでなく、日が沈む夕景や、
夜景もステキです。
京都の街のいろんな景色を楽しんでくださいね。

京都タワー展望室
9時~21時(最終入場20時40分)
料金:大人770円

老舗和菓子店「七條甘春堂」の
ワクワク💛本格・和菓子作り体験

京都タワーの地階から2階は、
「食べる・体験する・買う」の観光三拍子が
揃った商業施設・京都タワーサンドがあります。

2階では、京都の文化を体験するコーナーが。

今回は、上生菓子作りを体験しましょう。

和菓子作り教室を開いているのは、
江戸時代後期の1865年創業の、
老舗の京菓子司「七條甘春堂」さんです。

教室では、季節の花を和菓子に仕立てます。
5月は「皐月」「花菖蒲」「つつじ」の3品です。

難しそうですよね…?大丈夫です(#^^#)
最初に作り方を説明したビデオを見てから
作ります。

材料も、ちゃんと分量が準備されています。

ひとつひとつの工程も、
きちんと教えてもらえますよ。

「皐月」から作り始めましょう。
まず、外側の生地を丸めます。

手のひらで平たく伸ばして、
その上にこしあんを乗せて、丸くまとめます。

指で花びらのように形を作り、
三角棒で整えます。
ここが少し、形作りに気を使う所かな。

中央に、黄色い花の弁を乗せて…

出来上がりました。

きんとんの「つつじ」を作りましょう。

まず、米粉とつくね芋を練った生地を
きんとんふるいという道具を使って、
餡そぼろを作ります。

だんだん慣れてきて、
職人さんの説明通りに進めていけるようになります。

丸めた粒あんに、
箸で少しずつそぼろをつけていきます。

おおーっ、だんだんそれらしくなってきました(#^^#)

最後にお花をつけて、出来上がりました。

蝶々の干菓子も作りました♪


ひとつは、その場でお抹茶といっしょに頂きます。
出来立てで、自分で作ったお菓子は、おいしいです…

1時間余りで、3種類の上生菓子を作れました。

お土産に持って帰れます。嬉しいですね💛

七條甘春堂 京都タワーサンド店
075-371-0801
料金:2700円、予約制

地階はおしゃべりが弾むフードホール
スィーツや食事を楽しも♪

地階は、一大フードホールが広がっています。
焼き鳥、とんかつ、ぎょうさなどの専門店、
ドーナツ、パンケーキのスイーツなど
さまざまなジャンルのお店が19店舗があります。

それぞれの店で食べるのもよし、

テイクアウトして、
ホール内のお好きな席で食べることもできます。

自由なカンジがいいですね。

お土産には、京都タワー限定品を選んでね

1階は、お土産選びにぴったりなフロアです。
入口横の「京都北山マールブランシュ京都タワーサンド店」。

まず、自分へのごほうびに、
ここでしか食べられない「生茶の菓アイスバー」を(≧▽≦)

まったり濃厚なお茶のソースを絡めて
いただきます。


店限定のお土産もチェックしてね。

各店にも、京都タワー限定のお土産があります。

それに、パッケージも京都らしいものが
たくさんあって、選ぶのが楽しいです。

お気に入りを見つけて、
お気に入りを連れて帰ってくださいね。

京都タワー
京都市下京区烏丸通七条下る東塩小路町721-1
9時~21時
075-361-3215

 

 

 

 

 

お着物リピーターさんが多い「てくてく京都」一度でレトロ着物にハマっちゃう♪

2018年5月7日    お着物, お知らせ 

こんにちは!「てくてく京都」スタッフブログです!

「てくてく京都」では、ときどき、ご来店のお客様に口頭アンケートにご協力いただいております。そんな中、スタッフも驚くべき実態が発覚!てくてく京都のお客様は、「お友達からのご紹介」と「リピーター」の方がとっても多いんです!

京都で着物を着て歩いてみたら、楽しかった!また着たい!着物が圧倒的にかわいかった!着物着るなら「てくてく」、など、いろんなお声とともに、数か月に1度のペースでご来店いただいている方も♪ ありがとうございまーす!
上の写真の右側の女性は、3月にもお越しいただいたそうです!今は着物オンシーズンですものね♪

着付けやスタイリストのスタッフは烏丸店、清水店、てくてく京都の姉妹店「イロドリキョウト」のスタッフも入れて大勢いるので、毎回同じスタッフがご案内できないこともあり、リピーターのお客様でも初めての方のよう応対しているかもしれません。
でも、リピートしてくださるお客様の存在は、スタッフ全員の励みとなります!この場をお借りしてお礼申し上げます!



左側のリピーターのお客様は、ご自分でバッグを用意されてます。ホワイトのカジュアルな大き目バッグは店舗にご用意が無いのですが、爽やかで、着物にもよく似合いますよね。

「てくてく京都」の着物に自分の持ち物をプラスして、自分スタイルのオシャレに仕上げていただけるなんて、嬉しいです!着物は、もともとは「ハレ着」でなく、「普段着」でしたから、「こうでなくちゃいけない!」なんて決まりはありません。ピアスやイヤリングはもちろん、帽子や日傘など、日よけ対策の小物を足すことで、オシャレ度がアップしますよ。



姉妹で千葉県からお越しいただいたお客様。ご来店のきっかけは、「ご紹介」です。「とにかく着物がいいから!」と聞いて、他店と比較されることなく「てくてく京都」を選んでくださいました。スラっと背が高く、どれを試着しても着こなしがかっこよかったお二人。迷った時には、「着物に目が行く着物」より、「お顔に目が行く着物」を選ぶといいかも。お二人、ステキですよね!京都にお越しの際は、またのご来店お待ちしております♪



今まで数回の口頭アンケートの中では、インターネットで検索して「てくてく京都」にたどり着いた方は少数派でした。少し意外な気もしましたが、口コミによって「てくてく京都」が支持されていることを、大変うれしく思います。これからも、一人でも多くのみなさまに、着物を着る楽しみ、着物で京都を歩くワクワクを感じていただけるよう、お手伝いさせていただきたいと思います。スタッフ一同、みなさまのご来店、再訪を心よりお待ちしております。

観光情報『長岡天満宮の満開のツツジを観に行こう!』

2018年5月5日    観光情報 

みなさんGWはいかがお過ごしですか?
せっかくなのでちょこっと遠出してお出かけしてみませんか♪

今回は京都市を飛び出して真っ赤なツツジが見頃な
長岡京市にある長岡天満宮を訪れました(^^)

〈まるで玉手箱?! 抹茶づくしの贅沢スイーツ〉

スタートはJR京都駅。

今日は休日ということでたくさんの人ですね~
それでは出発しま「ちょっと待った!!!!」

みなさん、京都駅ビル10階にある『焼き釜スイーツ 茶筅』さんをご存じですか?

10階といえば「京都拉麺小路」といってラーメン屋が多いフロアですが
実は抹茶のスイーツが食べられるお店があるんです

こちらのお店はたくさんの抹茶スイーツのメニューがありますが
なんといっても「玉手箱スイーツ」なるものが有名らしく…
おそるおそる開けると…


た、玉手箱やーーーーっ!!!!!


モクモクと煙のなかから現れたのは抹茶好きにはたまらない、抹茶づくしのスイーツ。
抹茶ティラミスは特にふわっふわでオススメです。
ボリュームもあるので満足感間違いなしです!
お出かけ前に寄ってみてはいかがですか?(^^)

〈ツツジ満開の長岡天満宮〉

それでは京都駅出発しますよ~!

長岡京駅はJR京都駅から大阪・三宮方面へ電車で約10分です。


長岡京駅から西へまっすぐ歩くこと約20分。
鳥居が見えてきましたよ~


階段を上ると…

燃えるようなツツジが!!!!!!!

ツツジのトンネルがお出迎え♪

境内へと続くツツジの花道、素敵すぎでは…


ツツジのトンネルがお出迎え♪

長岡天満宮のきりしまつつじは現在樹齢100~150年位と推定され、約100株も植えてあるそう。
四月中旬から五月上旬にかけて多くの鮮紅色の花をつけます。

東側に南北に細長くのびる八条ヶ池を囲うツツジ、綺麗ですね


『八条ヶ池』
それでは境内へ向かいましょう!

長岡は菅原道真が生前に在原業平らとともにしばしば遊んで詩歌管弦を楽しんだという
ゆかりの深いところです。

道真が太宰府へ左遷されたとき、この地に立ち寄り名残を惜しんだ縁によって
彼の自作の木像を祀ったのがこの神社の創立です。

学問にちなんだものもみられますね。

錦景苑という庭園もあり、かなりの広さです。

境内ではちょうど「柳谷新緑ウィーク」と「アートフェア」のふたつの春のイベントが
開催されていました。(5月6日15時まで)
多くの人で賑わってますよ~


〈長岡京のご当地スイーツ、最中の中身は…〉

長岡京は筍が特産物ということで、屋台には多くの筍がみられました。
なかにはこんなものも!


長岡京市の名産!!

こちら『菓子処 喜久春』さんの竹の子最中は名前の通り、中に本物の筍が入っているんです!
餡は京柚子(緑)、丹波大納言(ピンク)、備中白小豆(黄色)の3種類。
私は京柚子と丹波大納言をいただきました~


小ぶりサイズが嬉しいですね!

筍のシャキッとした食感とあんこが絶妙なバランスで口に広がります。
ご当地のお菓子、参拝帰りにぜひ立ち寄ってみてはいかがですか(^^)
こちらはフルーツ農家から旬なフルーツを取り寄せ使ったデザートが人気のカフェ『花の木』さん。

今回は混雑のため入ることはできませんでした…
メニューとしてはフルーツパフェが人気です。


いちごが山盛りのフルーツパフェ!


『フルーツタルト』「花の木」さん公式Instagramより
またリベンジしたいと思います!

長岡天満宮から車で約5分のところに紅葉のスポットとして知られる光明寺があります。
光明寺は西山浄土宗の本山で、法然上人を開山第一世としています。


(総門)

秋には数百本のもみじやカエデで紅く染まります。
今は「あおもみじ」が綺麗ですよ~

ゆるやかな石畳の参道を登ると正面に壮大な御影堂が見えてきます。
この御影堂には建永の法難で四国へ流罪ときまった法然上人が弟子の願いに応えて自ら作ったといわれる「張り子の御影」が祀られています。

旅はまだまだ続きます!
さてさて、場所は長岡京から京都の繁華街・河原町へと変わります!

〈町屋カフェでパフェを堪能♪〉

阪急長岡京駅から河原町駅に降りて歩くこと約6分。
町屋カフェ『omo caé』さんに着きました。


看板が目印ですよ〜


町家をリノベーションしたおしゃれな空間

こちらはごはんプレートが有名ですが、スイーツも充実しているんですよ!
私は「omoパフェ」を注文。

抹茶ソースをかけていただきます。


いざ、抹茶ソース投入!

下には抹茶プリン粒あん、そして白味噌パウンドケーキが潜んでいますよ(^o^)

キャラメルで焼かれたバナナが最高でした!

〈よく見かけるあの建物…実は…〉

さてこれから祇園方面へと足を運びます。

鴨川を渡る前に見かけるこの西洋風のレトロな建物。

一体何の建物かご存じですか?

こちら『東華菜館』さん、なんと中華料理店なのです。


看板もレトロ〜


まずはエレベーターで上がります。

このレトロなエレベーター、実は日本最古なんです!

その上!運転手さんの手動により昇降します。

なんだかタイムスリップしたようでワクワクします(^^)


エレベーター

1924年のアメリカ製で今も大切に大切に使われてるそうですよ〜。

注文したのは中華料理のテッパン、炒飯と麻婆豆腐。

大皿の麻婆豆腐はちょうど良いピリ辛加減で素晴らしかったです!

王道の炒飯は、パラパラな焼き具合が絶妙で味付けも最高です!

素敵な空間でお食事すると美味しさもよりいっそう増します

テラスもあるので鴨川を見渡しながら食事するのもオススメですよ~

〈京都のテッパン、情緒漂う祇園〉

最後に向かったのは祇園・花見小路。

着物でお出かけしたらやはり祇園は外せませんね!


巽橋

夕方の祇園は情緒ありますよ~

いかがでしたか?

今回は市内を飛び出して長岡京にお邪魔しました♪

長岡天満宮のツツジはちょうど今が見所ですよ

みなさんもこのGWにぜひ足を伸ばして行ってみてくださいね(*^_^*)


<iframe

 

着物でお出かけ京都ぷち旅<嵐山>新緑満喫ツアー「八翠」でお茶して「天龍寺」でまったり&注目スィーツ巡り

2018年5月2日    着物でお出かけ, お知らせ, 美味しおす 

皆さま、こんちにわ。
GWも、中盤にさしかかってきましたね。
楽しんでいらっしゃいますか?

近ごろの京都は、暑い日とひんやりする日が
交互にやってまいります。
1日は、30度近くにまで上がりました…
つつじも今が盛りです。

お天気が良い時に、お着物で町歩きをされる際は
ぜひ日傘をお持ちくださいね。
暑さ避けとともに、優雅なお姿が演出できます(*^^)v

市内の名所は若葉が美しい季節です。
今回は、人気のスポット、
「嵐山」へ行きましょう。

 これからの季節、好天に恵まれる京都は
日差しが強く、暑さを感じることも多いと思います。

観光名所の嵐山は、人もいっぱいです。

そんな時でも、新緑の季節だからこそ味わえる
清々しい景色があります。

嵐山の景色を眺める人気のスポットは
大堰川に架かる渡月橋ですね。

川のせせらぎ、嵐山のこんもりとした新緑の様子は、
市街では感じることができない情景。
心を和ませてくれます。

この景色を、もっとゆっくりと鑑賞したい方には、
こちらの茶寮がおすすめです。

嵐山を眺めてお茶を楽しむ至福の時はいかが?
翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都
「茶寮 八翠」

茶寮へは、渡月橋のたもとから、
嵐山方面に向かって
川沿いに歩くとたどり着きます。

「翠嵐」と大書きされた門をくぐり

青もみじに囲まれた道を進みます。

「茶寮八翠」は、
翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都に
併設された店で、眺望の良さが魅力です。

嵐山の景色を目前に楽しみたいなら、
だんぜん、テラス席です!

川のせせらぎの中、川下りの船を眺めたり、
嵐山からの風を感じたり。
景色を五感で感じられます。

美しい景色のお供は、
美味しいお菓子ですね(#^^#)
お店オリジナルの上生菓子と煎茶をセレクトします。

本日は、老舗和菓子店「老松」の上生菓子・晴嵐と、
こちらも老舗店・一保堂茶舗の煎茶だそうです。

新緑とコラボするかのような色合いが
ステキですね🍃

ゆっくりと景色を堪能して、
元気をチャージしてくださいね✨

茶寮 八翠
京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町12

天龍寺の方丈で庭園を眺めて
ほっこり、リラックス…

寺社の多い京都では、庭園の鑑賞も楽しいものです。
庭師の手による、洗練された造形には、
また格別な美しさがあります。

今回は、天龍寺へとご案内しましょう。
天龍寺は、臨済流天龍寺派の大本山です。
世界文化遺産にも登録されている
由緒ある禅寺です。

嵐山を借景にした曹源池と
雄大な庭園を有しています。

この頃は暑い日が多いので、
方丈から鑑賞しましょう。

本堂へは、履物を脱いで上がります。

板張りの廊下にござが敷いてあるので、
とても心地よいです。

方丈では、このように庭園を鑑賞する
参拝者が大勢います。


どの方々も、ゆったりとした時を
過ごされているようです。

庭の木々が、手入れの行き届いた姿で
五月の風情を伝えてくれます。

渡り廊下から、庭園を眺めながらの
多宝殿までの道のりも、静かでくつろげます。

白雲抱幽石。
また改めて、写経などして、
心を見つめてみたくなる場所でした。

天龍寺
京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
075-881-1235

暑い日に食べたくなる、
リラックマのみるくた~っぷり!
ソフトクリーム

京福嵐山駅から歩いてすぐの、
「嵐山りらっくま茶房」。

リラックマのグッズがたくさんあって、
見るだけでも”かわいい~”の連発です。

暑い日のスイーツには、
テイクアウトのソフトクリームがピッタリ!

「リラックマのみるくた~ぷり!ソフトクリーム」💛
お好みで、はちみつをかけてもらえます。

嵐山りらっくま茶房
京都市右京区嵯峨天龍寺北造路町15
075-863-2660

SNS映え間違いナシ!
「zarame」の京フレーバー綿菓子

JR嵯峨嵐山近くには、
京綿菓子専門店の「zarame」があります。

国産の素材を使ったオーガニックな綿菓子で、
京都・丹波産のきな粉や、抹茶など
京都らしさが特徴です。

フレーバーは、京抹茶ラテ、桜みるくなど
6種類があります。

オーダーを受けてから、
その場で作ってもらえます。

そのサイズも、話題騒然!
お顔が隠れる大きさです(⌒∇⌒)

フワフワの綿菓子と、

フォトジェニックな時を楽しんでね。

zarame

<茶寮八翠>の地図

<天龍寺>の地図

<嵐山りらっくま茶房>の地図

アーカイブ