お問い合わせ

スタッフブログ

Blogスタッフブログ

観光情報京都の美・パワースポット案内② 髪を守ってくれる「御髪神社」

2018年1月23日    観光情報 

澄んだ空気がすがすがしい、
冬こそ嵯峨・嵐山へ

皆さま、こんにちは。
京都の人気観光スポットのひとつ、
嵯峨・嵐山へは、もうお出かけになられましたか?

春秋も素敵ですが、冬景色もまた格別です。
お寺や神社だけでなく、
駅、竹林、お店の軒先など、
どこも絵になる場所ばかり

京福電鉄嵐山線(通称嵐電)の嵐山駅では、
京友禅の生地を600本のオブジェにした
「キモノフォレスト」が、圧巻!!
また、後日のブログでご紹介しますね。

きもの姿なら、いっそうインスタ映えすること
間違いありません(o^―^o)

清々しい空気に包まれた嵐山にも、
京都の美・パワースポットがあります。

髪を守ってくださる神様、
御髪(みかみ)神社

御髪神社は、かの百人一首で有名な
小倉山のふもとにあります。
髪結いの始祖と言われる・藤原政之公を祭神とし、
京都の理美容業界が、1961年に建立しました。

髪結いの起源は鎌倉時代、
亀山天皇の御代にさかのぼります。
藤原鎌足の末裔、北小路左衛尉・藤原基晴は、
皇后の宝物守護にあたる武士でした。

ある時、宝刀「九王丸」が紛失し、
捜索に当たる日々を送ります。
その間、基晴氏の三男・藤原采女亮政之は、
婦女の髪を結って、生活を支えたのです。

これが、髪結い職の始まりとなったそうです。

現在では、理美容業界の方をはじめ、
髪に思いを寄せる人々が参拝に訪れます。

 

女性ならば


“ずっとキレイな髪でいたい”
という気持ちは、誰もがもつ願いでは・・・

その思いを神様に届ける方法が
2つあります。

ひとつは「献髪」。
神社の方に、髪を少し切っていただき、
お願いを祈念した後、髪塚へ献納します。

もうひとつは「絵馬」です。
お願いを記し、神前で祈願した後、
献納します。

どちらも、神社の方が一緒についてくださり、
お参りの作法を、丁寧に教えてくださいます。

髪にまつわる願いは、人それぞれにありますね。
“美容師の国家試験に合格したい”
と将来の夢を抱く人もいます。
そんな人がお参りの後に求めるお守りが「匠守」。

 

 

1800円となかなか高価ですが、
お力を授けていただけそうですね。

女性だけでなく、
男性の切実な願いも多いようです。
カップルでお参りしてもいいですね。

皆さまの御髪と、
お心が、いつも美しくありますように。

❖御髪神社
京都市右京区嵯峨小倉山田淵山町10

 

京都のお出かけは、きもので一層艶やかに。
「てくてく京都四条烏丸店」が
お手伝いをさせていただきたいです(#^^#)

アーカイブ