お問い合わせ

スタッフブログ

Blogスタッフブログ

美味しおす

お知らせ京都で着物をレンタルして買いに行こう☆ほんまもんの八つ橋「益壽糖」

2018年4月18日    お知らせ, 美味しおす 

こんにちは!「てくてく京都」スタッフブログです!着物をレンタルして京都の街を歩いてみれば、背筋もシュッと伸びて「ほんまもん」の京都が知りたくなるかも。今日は「てくてく京都」で着物に着替えるみなさんに、「ほんまもんの八つ橋」、井筒八つ橋本舗の「益壽糖(えきじゅとう)」をご紹介します♪

益壽糖(えきじゅとう)とは?

ちまたでは「スーパー八つ橋」とも言われる「井筒八つ橋本舗」の「益壽糖(えきじゅとう)」。実は、地元の人でもこの八つ橋の存在を知らない人も多いんですよ。みなさんがよくご存知の餡子入りの八つ橋はお土産用。この「益壽糖(えきじゅとう)」こそ、元祖八つ橋なのです!!

「益壽糖(えきじゅとう)」とは、江戸時代中期、京都最高の和菓子として日本全国に名をはせた和菓子で、もともとは、滋養強壮のため和漢生薬が練りこまれた八つ橋でした。使われている生薬は、人参、レイシ、クコ、桂皮など。もちろん、和三盆のお上品な甘みで調整されているので、一度食べると忘れられない八つ橋になるはず♪

近年では、明治天皇がわが子(大正天皇)の食の細さを心配して、「益壽糖(えきじゅとう)」を食べさせると、食欲が回復したと、とてもお喜びになったそうです。

「元祖」八つ橋「益壽糖」、ご年配の方へのお土産にも、話題性のある珍しい贈り物としても、自分用にも、「てくてく京都」スタッフが自信を持っておすすめします♪

販売は「井筒八つ橋本舗 祇園本店」、「ホテル日航プリンセス京都」や「ホテルグランビア京都」と「トニトニ」くらいで、百貨店の地下や普通のお土産屋さんでの販売はありません。着物をレンタルして「益壽糖」をお土産に♪みんなが驚いて喜んでくれるお顔が旅の締めくくりの思い出になりそうです♪

「そうだ!京都で着物をレンタルしてみよう!」と思われたら、アンティーク着物がひときわ目を引く「てくてく京都」をご利用ください。祇園、清水寺散策には「清水店」を。北へ、南へ、地下鉄やバスを利用される方は「烏丸店」が便利です。

多くのみなさまにお会いできるのをスタッフ一同楽しみにしています!

着物でお出かけ清水寺散策に外せない!超人気のカフェ&甘味と京雑貨

2018年4月17日    着物でお出かけ, 美味しおす 

皆さま、こんにちわ。
すっかり、初夏の陽気になりましたね。
京の街では、青もみじが美しい季節です。

八重桜は、今がちょうど見頃です。
ここ、どこだかわかりますか?

そうです!人気の八坂庚申堂です。

ご存知の通り、この通りは、
清水寺や八坂神社などへ続く、京都でも有数の観光地です。
地元の私たちでも、気になるお店がいっぱいあります。

会えれば超ラッキー🍀な、
京都の情景・デザートラテ

不動の人気を誇る、「ロッカアンドフレンズTRUCK」。

季節の移ろいに合わせたメニューがあって、
いつ訪れてもワクワクが止まらないですっ(≧▽≦)

そして、ついに今回、今や超レアメニューとなった
「京都の情景とデザートほうじ茶ラテ」
ゲットしました!

美しいです…感動します💛
ほうじ茶は、濃厚で苦みも楽しめます。
クリームも重厚なので、
結構ボリュームありますよ。

こんなカンジにしても、映える~(^▽^)/
見て、食べて、そして飲んで、
じっくり楽しめるメニューです。
皆さんも、会えるといいですね。

◆ロッカアンドフレンズTRUCK

 京都市東山区八坂上町370
 090-9690-5431
 9時~18時、水曜休

気持ちが動く香りと
かわいいお花のサシェ

きものを着ると、
和テイストの雑貨店が、気になりますね(#^^#)

いい香りに誘われて、見つけたお店
「香十」です。

京都で創業し、440年の歴史をもつ香司です。
東京へ進出されていて、銀座や八重洲などにも
店を構えています。

季節の移ろいを香りで表現した
お香をはじめ、お香立てやお皿、
その時期に咲くお花のサシェがあります。

今は桜です。
次の季節へと、楽しみが続きますね。

香十 二寧坂
京都市東山区桝屋町349-8
075-551-0285
10時~18時

京スイーツの王道、おだんご。
やっぱり、ほっこりします。

二寧坂から三年坂への道すがら、
「京だんご藤奈美」で一服。

みたらしだんごや、わらびもちなど
和のスイーツがあります。

みたらしだんごと、ホットの「洛水」をいただきました。

ああ、ホッとします…

京だんご藤奈美
京都市東山区清水3-338-39
0120-81-2473
10時~18時


高台寺から八坂神社あたりは、
もう、こんな風情です。

青もみじも、きものに映えますね💛

ぜひ、京都へお越しください。
レンタルきものは「てくてく京都」へ。

おすすめ平安神宮内「トニトニ」(前編)生麩とお豆腐をかわいく食べよう♪

2018年4月13日    おすすめ, お知らせ, 美味しおす, 観光情報 

こんにちは!てくてく京都 スタッフブログです♪今日は平安神宮の境内の中にある「京都 時代祭館 トニトニ」をご紹介したいと思います。テイクアウトで気軽に食べられるスイーツやお豆腐は超フォトジェニック♪ 気軽に美味しい、そして見た目かわいい京都が詰まった新しい名所です!

2017年12月にオープンしたばかりの「トニトニ」。変わった名前…「トニトニ」とは10月22日の意味で、漢字では「十二十二」と書きます。10月22日といえば、平安遷都の日でもあり、時代祭の日です。「時代祭を多くの人に覚えてもらいたい」と、老舗店や話題のお店が揃うこちらの施設を「トニトニ」と名付けたのだそう。



場所は、平安神宮前の大きな鳥居をくぐり…

まっすぐに歩き…

正面に「応天門」が見えたら左折します。

すぐに見えるこちらの建物が「トニトニ」ですよ♪

店内は、お土産にピッタリの小物や和菓子が揃っているからか、外国人の観光客の方が吸い寄せられていきます。平安神宮を訪れたら「トニトニ」を覗くのが今マストですよ!

 



ここからは 「てくてく京都」スタッフが見つけた「かわいい」テイクアウト2つご紹介します!

まず

「京生麩のお店 愛麩/namahu」

精進料理でもよく使われる「生麩」。生麩とは、低カロリー、高たんぱくでヘルシーな食材なのですが、「愛麩」では、生麩がかわいらしいスイーツにまりました♪ 主張しない味ともっちりした食感はスイーツにもピッタリの素材です。てくてく京都スタッフは桜の花の生麩と麩菓子がトッピングされた抹茶&バニラソフトクリームをオーダー。バニラと生麩の出会いが京都らしく、全く新し世界観を感じました。

アイスのほか、生麩のスイーツバーなど、メニューは20種類ほどありますよ!

テイクアウトしても建物の周りにはベンチが多数用意されているので、安心です♪



「BRAND NEW LABORATORY KOUZI」

こちらでも、豆腐、湯葉、生麩といった京都の食材が「かわいらし~く」食べられますよ!京都では、もはや、「普通の食材を可愛く食べる」という発想が根付いているようですね。和の食材が超フォトジェニックなんです!この写真でちゃんとお伝えできているか、不安になるほど「かわいいお豆腐」ですよ♪

てくてく京都スタッフは生麩とお豆腐をそれぞれ湯葉で包み揚げたものに、キラキラ光るお出汁のジュレとカラフルあられや生麩でトッピングをほどこした物2本をオーダー。店内にもテーブル席がありますが、お天気が良い日は外がおすすめです!

湯葉の衣がパリッパリ!お出汁のジュレが生麩やお豆腐にしっかり絡むので、美味しいんです!キュートな見た目と美味しさで「BRAND NEW LABORATORY KOUZI」は平安神宮の新たな名称になりそうな予感!



「トニトニ」前編いかがでしたか?神宮のお参りの後はぜひお立ち寄りくださいね。次回は「トニトニ」で買えるおすすめのお土産をご紹介しますね。

お知らせ春限定・京の桜スイーツ特集②パフェ「桜雲」&「ソメイヨシノソーダ」

2018年4月8日    お知らせ, 美味しおす 

皆さま、こんにちわ。
今年の桜は、早く花開き、長く咲きましたね。
ご堪能されましたか?

京都の桜は、ソメイヨシノだけではありません。
千本ゑんま堂の「普賢象桜」、
雨宝院の緑色の珍しい「御衣黄桜」など
4月下旬まで楽しめます(^▽^)
桜に会いたくなったら、行ってみてくださいね。

さて、巷のお店には
まだまだ桜がいっぱいです🌸
桜スイーツ第2弾、ご案内しましょう。

法観寺~清水寺散策には
“3つのサクラ”ドリンクを

清水寺から祇園までの散策途中には、
「スロージェットコーヒー高台寺御茶所」や
「アラビカ京都東山」など、
オシャレなカフェがありますよね。

「ロッカアンドフレンズTRUCK」
そのひとつとして注目されています。

京都らしいデザートラテが有名ですが、
人気があって、なかなかゲット
できなくなってしまいました(´;ω;`)

でも、春限定の爽やかなメニューが
登場しました(*^^)v

”3つのサクラ、咲きました”のテーマで
「ソメイヨシノソーダ」
「サクラカオルイチゴラテ」
「ヤマザクラソーダ」の3種類があります。

その中で、今が旬の
「ソメイヨシノソーダ」を
頂きました💛

桜の花の塩漬けが2ひら入っています。

お散歩して、ほてった体をクールダウンする
のに、ぴったりな爽やかさです。

◆ロッカアンドフレンズTRUCK
京都市東山区八坂上町370
090-9690-5431
9時~18時

 

春パフェ「桜雲」は、
どのパーツも繊細で美しい味わい

八坂神社から四条通り、東山通りの
交差点を見下ろすようにある
喫茶店「金の百合亭」をご存知ですか?


辺りは、お店も人もとっても多くて
賑やかなんですが、
このお店は静かで、
ゆったりとした時が流れています。

店内も、シンプルなインテリアと
クラシック音楽がBGMに。
素敵な雰囲気です(#^^#)

季節の移ろいを表現した
オリジナル抹茶パフェが
知る人ぞ、の人気メニューです。

4月は「桜雲」です。

お店からのご紹介を。
『満開の桜が遠くから雲のように見える…
そんなふんわりと美しい東山と
雅な祇園の桜をイメージした「桜雲」』です。

雲を綿菓子で表現しています。

そのベールの向こうには…

抹茶のゼリー、チュイール、プリン、アイスに
小倉・桜あん、桜シフォン、イチゴ
桜の花をかたどった練り切りなどが。
どこを食べてもおいしい景色💛

通りを眺めながら、頂ける
このカウンター席がいちばん人気です。

どのパーツも、一口サイズなので、
着物姿でおしとやかに食したい女子にも
おススメです。

コーヒーも香り高く、
パフェとの相性は抜群です。

また次の季節も、
違った風情のパフェが登場します。
行ってみてくださいね。

◆金の百合亭
京都市東山区祇園町北側292-2 2階
075-531-5922

11時~20時(L.O)
定休日:木曜日及び第1、3水曜日

 

 

 

 

 

 

美味しおす春限定・京の桜スイーツ特集①🍰「いちごと桜ゼリーのケーキ」

2018年4月6日    美味しおす 

  1. 皆さま、こんにちわ。
    暖かい日が続いていて、何だかウキウキするこの頃ですね。

京都の町は、春らんまん💛
桜もどんどん咲いております🌸🌸

季節の移ろいに敏感な京都では、
巷の店でこの時期限定の
「桜スイーツ」がお目見えします。

目に麗しく、インスタ映えする上に
美味なる「桜スイーツ」にワクワク💛
「てくてく京都」スタッフも
楽しみにしております(≧▽≦)

そこで!
春限定・京都の桜スイーツ特集
お届けしちゃいます!

祇園辻利×カフェコムサの
コラボメニューが新鮮な
「京カフェコムサ」

そのお店は、
四条通りに面した祇園町の北側、
くろちくビルの2階にあります。

宇治茶の老舗店・祇園辻利と
「日本の食をアートする」を
テーマにしたカフェコムサが
コラボしたメニューを展開しています。

エントランスから、
COMME  CAっぽい雰囲気ですね。

ステキです。

フルーツ盛り盛りで気分が上がる
スペシャルなケーキ

最初にケーキを選びに行きます。

ショーケースには、
季節のフルーツをふんだんに使った
ケーキが並んでいます。

人気のケーキは
すぐに売り切れてしまいます。
これんなんかは、そのひとつ。

この春限定のケーキ、
何とかゲットできました。

「いちごと桜ゼリーのケーキ」です(^▽^)/

 

お店からの説明をご紹介しましよう。

『みずみずしく甘い国産いちごとともに、
日本の花を代表する桜「関山」の
濃縮エキスを使用したゼリー、
ほんのり甘酸っぱいラズベリークリーム、
濃厚な抹茶練乳ムースを飾り付けた
春の限定ケーキ』です。

おいしそうでしょ?

おいしいんです♪

結構大ぶりなケーキで、
手の上に乗せてちょうどほどのサイズ。
あっさりしてるので、
ペロッと食べてしまいます(#^^#)

ケーキのお供は
お茶がおすすめです。

お花見散策で乾いた喉に嬉しい
「宇治冷煎茶」は、
すっきりとした味わい。

さすがは、祇園辻利さんです。
見目も美しく、
お茶の甘みが感じられる、
洗練さがあります。

お店には、京都らしいデザインの
お土産もありますよ。

店内も広くて、人が多いのだけれど、
くつろげます。

奥には落ち着いた椅子席や、
和室の個室もあります。
ゆっくりしたい人は、予約してね。

◆京カフェコムサ
京都市東山区祇園町北側275 祇園くろちくビル2階
075-533-9360
月~金、日10時~20時、土10時~21時
無休

着物でお出かけ南禅寺から哲学の道②『「八千代」の湯豆腐☆「きんとぎん」でアイスを食す』の巻

2018年4月4日    着物でお出かけ, 美味しおす, 観光情報 

こんにちは!てくてく京都 スタッフブログです♪前回の「南禅寺から哲学の道①「満開の桜を追いかけて」の巻に続き、今回は旅のグルメ編をお届けします!


南禅寺門前といえば、「湯豆腐」が名物なんですよ。奈良時代に中国から伝わった「豆腐」が南禅寺の僧侶たちによって湯豆腐として食べられるようになったと言われています。肉類が禁じられた僧侶にとっては豆腐は大切なタンパク源だったのです。そんなわけで、南禅寺門前には、「総本家ゆどうふ奥丹」「順正」といった湯豆腐専門店が軒を連ねます。

八千代

今回は、その中のひとつ、「八千代」さんで湯豆腐懐石をいただくことに♪こちら、料理旅館でもあり、宿泊することもできます。もちろん、今回のようにランチだけでも利用可能です。八千代では「料亭」ではなく「料庭」と書くそうで、お座敷席からは東山を借景にした日本庭園からそよ風が吹き込み、気持ちのいいこと!

「八千代」は豊臣秀吉からご用命を受けたこともあるほどの名店なのです。きっと、いままで、南禅寺の僧侶はもとより、数えきれないほどの参拝客をおもてなしされてきたことでしょう。桜、新緑、紅葉、静寂の冬、四季折々風情がある青龍庭園で、少し足を崩して座り、外を眺めて風に当たれば・・・ランチタイムがより優雅な時間になりました♪

今日は湯豆腐懐石の豪華ランチです!さくらちゃんのこの笑顔!大喜びです♪


ひとつひとつ、丁寧に作られていて美味しい☆プルプル、ふわふわ、いろんな食感が楽しめるのが、京懐石の醍醐味です♪

昆布出汁がグツグツと音を立てたら、湯豆腐の出来上がり。キメが細かくて柔らかいお豆腐に、八千代特製のタレと薬味を添えていただきます。

気品のある、やわらかなお豆腐。南禅寺を歩き、これから哲学の道を北上する旅の途中であることをすっかり忘れてしまうほどのランチタイムになりました♪


「八千代」を出たら、哲学の道を目指す途中で撮影タイム。今日のさくらちゃんの帯ですが、柄が個性的ですよ。朱色ベースに黄色やクリーム色で幾何学的に散りばめられた絵柄で、アンティーク着物が都会的にも斬新にも見えてきます。

「てくてく京都」では、好きなアンティーク着物を選んだあとに帯を合わせます。帯の色によって、先に選んだ着物の印象もガラリと変わるので、「大人っぽくしたい」「かわいくしたい」「モダンにしたい」など、できあがりのイメージをスタッフに伝えてもらうと、良いアドバイスがもらえると思いますよ♪気軽にスタッフに声をかけてくださいね!



きんとぎん

今日のスイーツは銀閣寺門前街の「きんとぎん」です。 京都では、古くから調度品に金銀箔があしらわれたこともあり、昔は専門店も多かったのだとか。そんな金銀箔も、今では非日常的な物となり、私たちも普段はあまりご縁がありませんよね。もっと多くの人に、手軽に金と銀を手に取ってもらいたい、そんな思いがつまったカフェです。

金箔・銀箔をそのまま一枚のせた豪華絢爛なソフトクリーム!自分の番が来たら、目の前で、薄い箔をソフトクリームにのせてもらいます。キラキラ光りすぎてピントが合わないくらい(笑)

出来上がったあとは、黒塗りのプレートをバックに写真を撮影するスペースも用意されています!

金と銀がまるでラップのようにすっぽりとソフトクリームを覆います!小さな坪庭に椅子があり、4名くらいは座ることができますよ。

どうです?!金と銀、味があるわけではないのですが、キラキラ感が強烈に印象に残るソフトクリーム。少し大き目のコーンの中には、あずき、白玉も入っていて、和パフェのようでした♪クリームもあっさり味ながら濃厚で美味。さくらちゃんもペロリと完食です♪


こちら、金箔が入った美容液です。ものすごい光ってますよね!!少し手にのせると、キラキラに♪ ここへ来ると今まで無縁だった金が一気に身近なものになりそうですね。


 

珈琲店再願

少し歩き疲れたのと、ソフトクリームの後にドリンクが欲しくなったので、少し哲学の道を南に戻り、レトロな雰囲気のカフェ「再願」に入りました。


ここから見る桜もキレイ・・・逆光でうまく撮影できなかったのですがこの窓から見る景色は桜一色でございました♪ 店内も、古き良き時代の喫茶店の雰囲気が現代の旅行客とマッチし、とっても居心地のいい空間です。

アイスコーヒーをオーダーし・・・

あ~冷たくて美味しい!

この日の京都は夏日。着物姿のさくらちゃん、疲れたかな?冷たいコーヒーにこの表情!お疲れ様でした~♪

アーカイブ