お問い合わせ

スタッフブログ

Blogスタッフブログ

着物でお出かけ

着物でお出かけ着物レンタル当日☆てくてく京都で着物選びをスムーズにするコツ3つ

2018年4月19日    着物でお出かけ, おすすめ, お着物 

こんにちは!「てくてく京都」スタッフブログです!観光のご案内が多いスタッフブログですが、今日は、着物をレンタルする当日、数えきれないほどのレトロな着物の中からお気に入りを見つけるための、ちょっとしたコツを3つお伝えしたいと思います。


着物選びのコツ1―色味をきめよう

数百種類ある着物も、ざっくりと、暖色系、寒色系、薄めの色、濃い目の色、などに分類することができます。お客様が着たいと思われる着物のお色味のイメージを持ってご来店いただき、スタッフに伝えていただけると、スタッフもどんどん着物選びをお手伝いいたします♪

色味を迷われるお客様は、行き先によって色を決められてもいいと思いますよ。例えば、新緑の頃は、みどり系の着物は避ける、シックなお寺に行く時は、赤系など明るい色味にする、など。背景となる色に映える色を選ばれると、より写真映えするはずです!


着物選びのコツ2―雰囲気をイメージしよう

モダン、レトロ、可愛い、古典、など、柄と色の組み合わせで着物の持つ雰囲気もさまざまです。雰囲気をイメージするのは、コツをつかめば簡単ですよ。「いつもの自分らしくありたい」「いつもとは違うイメージに変身したい」など、レンタル着物でどんな風に京都を観光したいのか、楽しく想像してみてくださいね。


着物選びのコツ3-どんどん試着しよう

少しでも気になるお着物を見つけたら、どんどん試着してみてくださいね。イメージしてた色味も「ん?」と違和感を感じたり、「やっぱりこの色がいい!」と、好みがハッキリ分るきっかけになりますよ。見てるだけじゃ分からないことを感じていただくためにも試着は大切です!



今日ご紹介したコツ3つをおさえても、実際、どんな着物がレンタルできるのか分からない!と思われる方も、「てくてく京都」のホームページなら安心♪ ギャラリーのページで着物コーディネートをご紹介しています。さらに、烏丸店、清水店、プラン別に絞り込みができるので、ご来店前にお好みの着物を探し始めることができます!

実際に、携帯写真を見ながら、「この着物をレンタルしたい」とおっしゃってくださる方もいて、スタッフも一緒に探したりすることも多いんですよ。

ときには、気に入ったお着物でも、店舗になかったり、サイズが合わず、「残念!」ということもあるのですが、イメージを持っているお客様は、最後まで楽しく選ばれています♪

ぜひ、「てくてく京都」の「ギャラリー」をご覧いただき、ご来店前から京都の街を着物で観光するワクワク感を楽しんでくださいね。

京都で着物をレンタルされるお客様たち、みなさん「なりたい自分」に変身して表情が輝いてらっしゃいます。お友達とペアーでコーデしてみたり、彼氏に選んでもらったり。たくさんのかわいいレトロな着物の中から、「あれもかわいい」「やっぱりこっちがいいかなあ」と、お友達と迷いながら着物を選ぶのはとっても楽しい時間です。みなさんの京都観光が少しでも思い出深いものになりますように、スタッフ一同、みなさまのご来店をお待ちしております!

着物でお出かけ清水寺散策に外せない!超人気のカフェ&甘味と京雑貨

2018年4月17日    着物でお出かけ, 美味しおす 

皆さま、こんにちわ。
すっかり、初夏の陽気になりましたね。
京の街では、青もみじが美しい季節です。

八重桜は、今がちょうど見頃です。
ここ、どこだかわかりますか?

そうです!人気の八坂庚申堂です。

ご存知の通り、この通りは、
清水寺や八坂神社などへ続く、京都でも有数の観光地です。
地元の私たちでも、気になるお店がいっぱいあります。

会えれば超ラッキー🍀な、
京都の情景・デザートラテ

不動の人気を誇る、「ロッカアンドフレンズTRUCK」。

季節の移ろいに合わせたメニューがあって、
いつ訪れてもワクワクが止まらないですっ(≧▽≦)

そして、ついに今回、今や超レアメニューとなった
「京都の情景とデザートほうじ茶ラテ」
ゲットしました!

美しいです…感動します💛
ほうじ茶は、濃厚で苦みも楽しめます。
クリームも重厚なので、
結構ボリュームありますよ。

こんなカンジにしても、映える~(^▽^)/
見て、食べて、そして飲んで、
じっくり楽しめるメニューです。
皆さんも、会えるといいですね。

◆ロッカアンドフレンズTRUCK

 京都市東山区八坂上町370
 090-9690-5431
 9時~18時、水曜休

気持ちが動く香りと
かわいいお花のサシェ

きものを着ると、
和テイストの雑貨店が、気になりますね(#^^#)

いい香りに誘われて、見つけたお店
「香十」です。

京都で創業し、440年の歴史をもつ香司です。
東京へ進出されていて、銀座や八重洲などにも
店を構えています。

季節の移ろいを香りで表現した
お香をはじめ、お香立てやお皿、
その時期に咲くお花のサシェがあります。

今は桜です。
次の季節へと、楽しみが続きますね。

香十 二寧坂
京都市東山区桝屋町349-8
075-551-0285
10時~18時

京スイーツの王道、おだんご。
やっぱり、ほっこりします。

二寧坂から三年坂への道すがら、
「京だんご藤奈美」で一服。

みたらしだんごや、わらびもちなど
和のスイーツがあります。

みたらしだんごと、ホットの「洛水」をいただきました。

ああ、ホッとします…

京だんご藤奈美
京都市東山区清水3-338-39
0120-81-2473
10時~18時


高台寺から八坂神社あたりは、
もう、こんな風情です。

青もみじも、きものに映えますね💛

ぜひ、京都へお越しください。
レンタルきものは「てくてく京都」へ。

着物でお出かけ桜🌸を探しに行って来たよ〜(^^)2018.4月11日

2018年4月12日    着物でお出かけ 

今年は例年になく暖かい3月でしたね〜〜。
汗ばむほどの陽気のせいか今年はなんと桜🌸の開花がびっくりするほど早く💧
もしかしたら、思ってたような観光ができなかった方もいらっしゃるのではないでしょうか??
本当に驚くほど早かったですもんね〜〜。

で。みなさまに聞かれることはもちろんこれですよね。。。
『桜ってもう終わっちゃってますよね。。。?』
こちらの問題。

本当に京都市内に桜がないのかグルグルっと回ってまいりました!!

題して『私は桜と一緒に写真が撮りたい!!』

まずは、
京阪電車のすぐ横 鴨川
『祇園四条駅』や『清水五条駅』の場所ですね。

これ。多分、桜だと思います。
良かった〜〜♫まだ咲いてる桜もちらほらあります〜。
川沿いの桜をバックに撮影タイムを楽しめそうです。

道沿いには桜だけでなくハナミズキ、ユキヤナギ、可愛い黄色の山吹など
春らしいお花がさいてましたよ。

柳の新緑も手伝ってお花がより生き生きと可愛く見えましたよ❤

『結果』
今週いっぱい合格!!桜だけでなく他のお花も咲いてるので
桜に限らずお花と写真を撮りたい方にはオススメ

オススメ度 星3つ

 

次は、近くの建仁寺へ⇨

よく考えてみたらこちらのお寺、桜なかったような。。。
心配しながら歩いてたら一本ありましたよ!!

『八重の紅シダレサクラ』だそうです。
剪定中の方に教えていただきました。一本だけですが
『今週いっぱいなら間に合うと思うけどなぁ』
お寺の雰囲気と桜で京都に来たって感じになれそうなシチュエーションですよ

『桜も良いけどあっちの牡丹はもっと綺麗やで』と案内してもらった先には

お堂の周りを赤やピンクの牡丹が立派に咲いてます!!
剪定の方曰く
『今年は牡丹の開花も早いから見頃は今週末やで』
だそうです。

祇園にいく方!!ちょっと寄り道する価値ありです!!

『結果』
桜。。。というよりこちらは『牡丹』が断然オススメです。
京都にいながらにして知らなかったです。穴場なのかも

オススメ度 星4つ

京都のお花見といえばココ!

円山公園

みずみずしい新緑です。
あまりの惨敗ぶりでシャッターも押せませんでした

『結果』
桜は終了しておりました!
が。
縁結びの絵馬が可愛い八坂神社が隣なのでそっちをオススメいたします。

オススメ度 星2つ

 

私の計画ではこれぐらいで終了しようかと思ってたのですが帰りに見つけちゃいました!!

青の不動明王で有名な『青蓮院』。。。のお隣

アートな襖絵でも有名ですよね。
こちら⇨

ここの隣に庭があります

はい!こちら。
『青くすの庭』

どうです!ニヤリ
ちゃんとありましたよ。
今日、みた中で一番、見頃の桜でした(^^)

今週の土日にいかがですか??
『結果』
青蓮院もしくは平安神宮とセットでの観光にオススメです!!
四条、三条あたりで見れる今年最後の桜かもしれませんよ。。。

オススメ度 星5つ

 

桜だけでなく他のお花が次々と開花していく時期ですね。
これからですと『藤』『ツツジ』『牡丹』『あやめ』
着物に似合いそうなお花が待ってますよ❤

レンタル着物 てくてく京都 四条烏丸店

着物でお出かけ南禅寺から哲学の道②『「八千代」の湯豆腐☆「きんとぎん」でアイスを食す』の巻

2018年4月4日    着物でお出かけ, 美味しおす, 観光情報 

こんにちは!てくてく京都 スタッフブログです♪前回の「南禅寺から哲学の道①「満開の桜を追いかけて」の巻に続き、今回は旅のグルメ編をお届けします!


南禅寺門前といえば、「湯豆腐」が名物なんですよ。奈良時代に中国から伝わった「豆腐」が南禅寺の僧侶たちによって湯豆腐として食べられるようになったと言われています。肉類が禁じられた僧侶にとっては豆腐は大切なタンパク源だったのです。そんなわけで、南禅寺門前には、「総本家ゆどうふ奥丹」「順正」といった湯豆腐専門店が軒を連ねます。

八千代

今回は、その中のひとつ、「八千代」さんで湯豆腐懐石をいただくことに♪こちら、料理旅館でもあり、宿泊することもできます。もちろん、今回のようにランチだけでも利用可能です。八千代では「料亭」ではなく「料庭」と書くそうで、お座敷席からは東山を借景にした日本庭園からそよ風が吹き込み、気持ちのいいこと!

「八千代」は豊臣秀吉からご用命を受けたこともあるほどの名店なのです。きっと、いままで、南禅寺の僧侶はもとより、数えきれないほどの参拝客をおもてなしされてきたことでしょう。桜、新緑、紅葉、静寂の冬、四季折々風情がある青龍庭園で、少し足を崩して座り、外を眺めて風に当たれば・・・ランチタイムがより優雅な時間になりました♪

今日は湯豆腐懐石の豪華ランチです!さくらちゃんのこの笑顔!大喜びです♪


ひとつひとつ、丁寧に作られていて美味しい☆プルプル、ふわふわ、いろんな食感が楽しめるのが、京懐石の醍醐味です♪

昆布出汁がグツグツと音を立てたら、湯豆腐の出来上がり。キメが細かくて柔らかいお豆腐に、八千代特製のタレと薬味を添えていただきます。

気品のある、やわらかなお豆腐。南禅寺を歩き、これから哲学の道を北上する旅の途中であることをすっかり忘れてしまうほどのランチタイムになりました♪


「八千代」を出たら、哲学の道を目指す途中で撮影タイム。今日のさくらちゃんの帯ですが、柄が個性的ですよ。朱色ベースに黄色やクリーム色で幾何学的に散りばめられた絵柄で、アンティーク着物が都会的にも斬新にも見えてきます。

「てくてく京都」では、好きなアンティーク着物を選んだあとに帯を合わせます。帯の色によって、先に選んだ着物の印象もガラリと変わるので、「大人っぽくしたい」「かわいくしたい」「モダンにしたい」など、できあがりのイメージをスタッフに伝えてもらうと、良いアドバイスがもらえると思いますよ♪気軽にスタッフに声をかけてくださいね!



きんとぎん

今日のスイーツは銀閣寺門前街の「きんとぎん」です。 京都では、古くから調度品に金銀箔があしらわれたこともあり、昔は専門店も多かったのだとか。そんな金銀箔も、今では非日常的な物となり、私たちも普段はあまりご縁がありませんよね。もっと多くの人に、手軽に金と銀を手に取ってもらいたい、そんな思いがつまったカフェです。

金箔・銀箔をそのまま一枚のせた豪華絢爛なソフトクリーム!自分の番が来たら、目の前で、薄い箔をソフトクリームにのせてもらいます。キラキラ光りすぎてピントが合わないくらい(笑)

出来上がったあとは、黒塗りのプレートをバックに写真を撮影するスペースも用意されています!

金と銀がまるでラップのようにすっぽりとソフトクリームを覆います!小さな坪庭に椅子があり、4名くらいは座ることができますよ。

どうです?!金と銀、味があるわけではないのですが、キラキラ感が強烈に印象に残るソフトクリーム。少し大き目のコーンの中には、あずき、白玉も入っていて、和パフェのようでした♪クリームもあっさり味ながら濃厚で美味。さくらちゃんもペロリと完食です♪


こちら、金箔が入った美容液です。ものすごい光ってますよね!!少し手にのせると、キラキラに♪ ここへ来ると今まで無縁だった金が一気に身近なものになりそうですね。


 

珈琲店再願

少し歩き疲れたのと、ソフトクリームの後にドリンクが欲しくなったので、少し哲学の道を南に戻り、レトロな雰囲気のカフェ「再願」に入りました。


ここから見る桜もキレイ・・・逆光でうまく撮影できなかったのですがこの窓から見る景色は桜一色でございました♪ 店内も、古き良き時代の喫茶店の雰囲気が現代の旅行客とマッチし、とっても居心地のいい空間です。

アイスコーヒーをオーダーし・・・

あ~冷たくて美味しい!

この日の京都は夏日。着物姿のさくらちゃん、疲れたかな?冷たいコーヒーにこの表情!お疲れ様でした~♪

着物でお出かけ南禅寺から哲学の道①「満開の桜を追いかける」の巻

2018年4月3日    着物でお出かけ, 観光情報 

こんにちは てくてく京都 スタッフブログです。今日はアンティーク着物に身を包んだモデルの「さくらちゃん」と一緒に「桜」を追いかけて歩いた南禅寺から哲学の道へ抜ける観光コースをご紹介します♪

南禅寺

南禅寺とは、700年の歴史がある、臨済宗南禅寺派の大本山で、禅宗の中では最も格式が高いと言われるお寺です。本堂の前にそびえる迫力のある「三門」。上層の楼は「五鳳楼」と呼ばれ、有料ですが、上ることができます。あの石川五右衛門が「絶景かな」と叫んだ場所がこの「五鳳楼」ですよ。てくてく京都スタッフは、この日は時間の都合で割愛してしまいましたが、南禅寺に行かれたら、「五鳳楼」からの絶景をぜひともお楽しみくださいね。

「三門」をくぐり、「法堂」に向かって、てくてく歩きます。

この日、法堂内にお坊さんが集まっておられ、荘厳なお経が響き渡っておりました。運がよければ、美しい袈裟に身を包んだお坊さんたちが境内を歩かれるのを見ることができますよ。京都を代表する観光地である「南禅寺」がお坊さんたちの修行の場であることを感じられる瞬間になるはずです。

さくらちゃんも興味深々。声をそろえたお坊さんたちのお経は、なぜか体に響いて心地いいんです。体で感じる「京都らしさ」ですね!

インスタ用に写真を撮るモデルのさくらちゃん。ヘア―スタイルもばっちりです!でも、意外にもさくらちゃん、髪の毛は肩くらいまでしかないそうです。てくてく京都のスタイリストさんがパパっとアップにしてくれて、飾りも選んでくれた!と大喜びでした♪

水路閣

続いてやってきたのが、2時間サスペンスの聖地(笑)「水路閣」です。「水路閣」とは、川から水を引くか、地下水しか水源がなかった京都で、豊富な水を滋賀県の琵琶湖に求めて、明治14年、当時、若干21歳の建築士「田邊朔朗」によって作られた水路です。東にそびえる山にトンネルを掘り、水を引くだけでも大変な工事ですが、「建物は美しくなくてはいけない」という田邊の理念で、今のような姿になり、80年近くたった今も注目を集める場所となっています。

苔むしたレンガ造りの路閣にアンティーク着物が色っぽいですね♪少しくすんだブルーとグレーに朱の帯が活き、ブルー系の着物も帯の色によって明るい印象になるんだな、とファインダー越しにてくてく京都スタッフもうっとり(女子ですが・笑)

艶っぽい大人の女性の雰囲気をちょうだい!と無理なお願いをしても、この通り! さくらちゃん、色気たっぷりです♪

着物のポージングは難しいのですが、てくてく京都スタッフは、体も顔も正面を向いた証明写真のようにならないように、ということだけ気を付けてます。

水路閣を反対側から見たところ。こちらの写真もいいでしょ?!

もちろん、お決まりの場所でもパチリ!こちら、写真撮影の大人気スポットです!撮影待ちの人でとても混み合っていましたよ。

水路に添って少し散策。緑に朱色の帯が映えます。着物の写真は一枚一枚が素敵なポートレート写真になります。

蹴上インクライン

「インクライン」とは、簡単にいうと昔使われていた線路で、今は歩くことができます。琵琶湖の疏水は、水を引くだけでなく、船の運航もしていたのですが、高低差がある地形では船が運行できないので、台車に船を載せて上下させる「インクライン」という方式で運行していました。その名残が見れるのが蹴上インクラインです。

下に下りてみた!こちらはものすごいたくさんの人、人、人です。ウェディング写真を撮ってるカップルもたくさん!

本来は、ここでランチを挟んだのですが、今日は満開の桜特集ということで、ランチについてはまた後日のご報告♪このまま哲学の道に参ります!

哲学の道

京都大学の哲学者や学生さんが議論を交わして歩いた、ということで「哲学の道」と名付けられた疏水。小川ではなく、水が南から北へ流れていますので、てくてく京都スタッフ、一瞬頭がこんがらがりました(笑)

てくてく京都のアンティーク着物は「青」「白」「赤」といった、そのものの色でなく、そこに何か一色足したような、独特の風合いがある色味というのが特徴です。そして、この点がほかの観光客の方の目に留まるのでしょう。この日もモデルのさくらちゃんはフォトグラファーたちに声をかけられましたよ!

右側の男性、バリから来られたインスタグラマーです。フォロワーの数はなんと3000人以上!左のおじ様からは「写真展に出していいですか?」と尋ねられ、快くオッケー♪ 写真家の方たちの目に留まるほどのレトロな雰囲気の着物。アンティーク着物の底力を感じました。「風合い」とは分かる人には分かる大きな違いです。

「インスタにアップしてもいですか?」
「も~ち~ろ~ん!」

こういう体験って一生心に残りますよね!

↓ こっそりファインダーを向ける方がこちらにも!なんだか洋服姿のスタッフがそばにいると申し訳ないくらい注目を浴びるさくらちゃんでしたよ♪

白い桜も爽やかでキレイですね♪

桜以外の野の花もキレイ。満開が終わると、こちらの疏水が桜吹雪でピンク色に染まります。哲学の道では散り際も見ごろですよ。

疏水にかかる橋に椅子が置いてありました。正面を向いた写真だけでなく、こんなショットも絵になりますね

いかがでしたか?南禅寺から哲学の道を歩く桜特集。後日グルメ編をお届けしますね。ピンクに染まる疏水はこれからが見ごろです!てくてく京都で着物に着替えて、ぜひ行ってみてくださいね!

着物でお出かけ2018年桜🌸開花速報3月28日現在🌸鴨川・高瀬川(四条~三条~御池)

2018年3月31日    着物でお出かけ, お知らせ 

皆さま、こんにちわ。
もうお花見はなさいましたか?

京都の町でも、桜が満開を目指して
次々と咲いています(^▽^)/

祇園・円山公園の「祇園しだれ桜」です。
まだまだ見頃は続いています(*^^)v

ここ一週間、とっても気温が高いので、
桜に誘われて、
川辺にお出かけされる人が増えました。
涼やかな風が、気持ちいいですよ。

鴨川・四条~三条は六部咲き程度です🌸🌸

京都の川と言えば、鴨川です。

四条通りから三条、御池あたりは
清水寺界隈から祇園、河原町へと続く
人気の散策ルートですね。

三条大橋あたりは、このような風情です。

鴨川を眺めながら、
少し休憩される人の様子も
京都を代表する景色のひとつですね。

高瀬川・木屋町通り
御池~四条は満開に近いです🌸🌸🌸

御池あたりの桜は、もう満開でした。

ここからさらに上っていくと
もう、桜・桜のオンパレード🌸

こちらは、高瀬舟を再現した
一之船入です。

木屋町通りを四条に向かって
下っていくと、
しだれ柳と桜の饗宴が楽しめます。

また、京都の桜情報をご案内しますね(^▽^)/

京都でのお花見&観光には、
「てくてく京都」の
アンティークなきものが映えます。

ぜひ、きものでお出かけくださいませ。

 

アーカイブ