お問い合わせ

スタッフブログ

Blogスタッフブログ

着物でお出かけ

着物でお出かけ京の夏まつり「京の七夕」③堀川編 京文化が満載!お香がかおるライトアップの中、舞妓さんの踊りも見られる贅沢な七夕

2018年8月9日    着物でお出かけ, お知らせ, 観光情報 

皆さま、残暑申しあげます。

お元気にお過ごしでしょうか?
立秋を過ぎて、朝夕の暑さがしのぎやすく感じられますね。

京都では、お盆に向けて寺社の祭事が増えてきました。夏着物・浴衣が映える時期でもあります(#^^#)

夏の風物詩「京の七夕」も、盛況です。
今回は、堀川エリアをご案内いたします。

会場は、堀川御池を北へ上がり、堀川今出川の南まで。堀川の川沿いの遊歩道です

期間中は、北向き一方通行ですのでご注意くださいね。
アクセスは、地下鉄東西線・二条城前がいちばん便利です。
「てくてく京都烏丸店」から、地下鉄烏丸線・四条から烏丸御池で東西線に乗り換えて二条城前下車です。

始まりは、提灯ゲートがお出迎えしてくれます。

こちらでも、和装来場者へのプレゼントが用意されています。場所は入口近くにある総合案内所です。欲しい方は、急いでお出掛けくださいね(*^^)v

京文化に触れながら、
光のオブジェを楽しんで

川沿いの遊歩道は、夕方になると心地よい風が吹いてきます。七夕飾りも風に揺れて、風情があります。
もちろん、願いを託す短冊も用意されていますよ。

遊歩道沿いには、京都にゆかりのある著名人からのメッセージが書かれた行灯が展示されています

お好きな方のメッセージがあるかも知れませんね。

会場の近くは、京都の伝統工芸のひとつ、西陣織や京友禅に携わる企業や工房が数多くあります。それらに因んだ展示も見られます。
こちらは「光の友禅流し」

友禅流しは友禅染の製造過程のひとつで、染料を定着させるための糊を流すため、鴨川や堀川でよく見られた風景でした。今では、友禅の振興を図るイベントとして行われています。

美しいですね…思わず見とれてしまいます。

陽が落ちると、川辺にかがり火が焚かれます。
堀川の新名物「堀川かがり火のみち」として、お祭りを盛り上げます。

道すがら、さまざまなイベントが開催されています。
こんなライブも。

遊歩道には、さまざまなライトアップがなされます。
「願い七夕」も、たくさん飾られています。

光のオブジェもあちこちに展示されていますよ。

お気に入りの場所で夏の夜を切り取って、インスタに上げてくださいね(*^^)v

途中で、どこからかいい香りが漂ってくることも。
こんな仕掛けも、おもてなしのひとつ。同じ空間なのに、どこか違って感じられます。

かがり火のみちには、屋台村も出ています。期間限定のメニューもあります。
こちらは、魚そうめんを使った七夕限定バージョン。スイカやもみじのかまぼこが、カワイイですね。

「堀川七夕茶屋」では、京都五花街のひとつ、
上七軒の舞妓さんの舞が披露されます。

ステージは2回。①19時30分~②20時30分~です。素敵な舞が見られます(*^^)v

その後、舞妓さんたちとツーショット撮影会もあるんです。めったにない機会です!

「京の七夕」堀川エリアは、京文化を感じながら七夕を楽しめる、贅沢なお祭りです。
夕涼みがてら「てくてく京都」で浴衣に着替えて、ぜひお出掛けくださいね!

京の七夕「堀川会場」
開催日:8月4日~10日
開催場所;堀川遊歩道
点灯時間:19時~21時30分

 

着物でお出かけ京の夏まつり「京の七夕」②鴨川編 浴衣姿で夕涼みしよ♪川辺に揺れる七夕飾りと風鈴灯を愛でるお散歩

2018年8月6日    着物でお出かけ, 観光情報 

皆さま、まだまだお暑いですね…
お元気でお過ごしでしょうか?

今年は前代未聞の猛暑ですが、今や京の夏に欠かせない存在が、浴衣姿の女子たちです。
京都では、お出掛けの際は、夏着物や浴衣を選ぶのが粋な装い。気持ちが華やいで、自信に満ちてきます(#^^#)

「てくてく京都」では、職人さんが腕を振るって仕立てたアンティークの浴衣ばかりを厳選しています。
他とは違う、お客さまらしさを引き立てる個性的な浴衣がたくさんあります!


この夏は、大好きな京都の町で、
いろんな浴衣を楽しんでみてくださいね(≧▽≦)

浴衣でお出かけするのにぴったりなイベントは、
やっぱりお祭りですよね!

いま、夜のお散歩がいっそう楽しくなる、夏の風物詩「京の七夕」が開催中
です。
8月4日からは、鴨川エリアでも始まりました。そのオープニングを飾ったのが、鴨川納涼2018です。

6日からは、「七夕ステージ展示」など、本格的なライトアップが登場しますよ。

嬉しいことに、浴衣や着物などの和装で来場すると、「手提げ竹提灯」がもらえます(*^^)v

期間は8月6日~10日まで、場所は三条大橋北の鴨川本部案内所で19時頃から配布されます。数に限りがありますので、欲しい方は、早めに並ぶことをおすすめします。

浴衣が似合いすぎる!
鴨川沿いを照らす
竹と灯りの散策路

「京の七夕」の鴨川エリアの七夕飾りは、鴨川に架かる御池大橋の南から、三条大橋、四条大橋、団栗橋の南までの間、西側の河川敷です。

七夕ですから、願い事をいたしましょうか。来場者には、絵はがき短冊(1枚100円)が販売されます。発売所は三条大橋の南にあります。そして、願い事を記して、会場内に設置された笹に結びます。

「七夕飾り」は、三条大橋の南から四条大橋、団栗橋の南まで。夜を彩る光に誘われながら、のんびりお散歩が楽しめます。LEDで彩られた笹。青い光が涼しげで、幻想的ですね。

御池大橋の南と、団栗橋の南には「風鈴灯」が飾られています。竹籠の中に風鈴を入れて、LEDの灯りをともしています。丸くて、どこか愛らしい姿で、川辺の道にゴロン、と置かれています。

「ああ、こんな所にあった!」と、
思わず写真でパチリ、としたくなる風情。
竹籠と灯り、風鈴が夏の夜を感じさせる光景です。

皆さまが見つけられた、
ステキなショットを狙ってくださいね。

「京の七夕」、次回は堀川エリアをご紹介します。

京の七夕「鴨川エリア」
開催場所:鴨川河川敷、御池大橋から団栗橋南まで
期間:8月4日~10日
点灯時間:19時~21時30分

 

着物でお出かけ京の夏まつり「京の七夕」①大迫力!世界遺産・二条城の御殿に妖怪たちが現れる、プロジェクションマッピング

2018年8月2日    着物でお出かけ, お知らせ, 観光情報 

皆さま、こんにちわ。八月になりましたね。
夏を楽しんでらっしゃいますか?

夏と言えば、浴衣ですね!夏の女子が、いちばん魅力的に見える装いだと思いませんか?ぜひ「てくてく京都」でいろんな浴衣を着てみてくださいね(*^^)v

そして、夏と言えば、夜。京都でも、町のあちこちで夏祭りが開催されたり、寺社で夜間の特別拝観が行われています。七夕祭りもそのひとつ。市中で毎年恒例となっていて、今年も「2018 京の七夕」が行われます。

会場は「鴨川エリア」「堀川エリア」「二条城」「岡崎エリア」「梅小路エリア」「北野紙屋川エリア」の6つのエリアがあります。それぞれ開催日や期間が異なりますので、詳しくは公式HPをチェックしてみてくださいね!
京の七夕
さらに!嬉しいことに、和装でお出かけすると、さまざまな特典やサービスが受けられますよ(≧▽≦)

お出掛けが、一層楽しくなっちゃいますね!

この「京の七夕」の先陣を切ったのが、8月1日より開催中の「二条城夏季ライトアップ」でした。

早速、ご案内しましょう(^▽^)/

国宝・二之丸御殿で妖怪たちの
饗宴が見もの!な
プロジェクションマッピング

二条城へのアクセスは、地下鉄東西線・二条城前下車がいちばん便利。出口からすぐです。
幻想的な光に包まれた、東南隅櫓がお出迎えしてくれます。

チケットを購入して、東大手門から入城します。ライトアップで、ワクワク感が高まります!

装飾が美しい唐文も、夜の闇に浮かび上がります。

この奥の国宝・二之丸御殿の大広間で、プロジェクションマッピングが開催されます。
企画したのは、クリエイティブカンパニーの「ネイキッド」。光を使った空間の総合演出を行い、イベントやショーを盛り上げています。今年は、桜まつりの演出を手掛け、プロジェクションマッピングと、桜を彩る光と影、音楽の饗宴が大人気でした(≧▽≦)

話題のプロジェクションマッピングを、いざ鑑賞!

最初は、穏やかな七夕の風景から。

大広間の障子の向こうからうごめき始めた妖怪が、次第に数を増していきます。

次々にさまざまな妖怪たちが登場!すごい迫力です!

画像の美しさに見とれ、瞬く間の出来事でした。
次は、ぜひ実際にお出かけして見てくださいね。

二之丸御殿をはじめ、庭園や順路など、いたる所でライトアップがなされています。

夏の風物詩・風鈴を集めたライトアップも素敵でした。夜でもインスタ映えします(*^^)v

もちろん、七夕らしく、願い事を託す短冊も用意されています。1枚100円で購入して、願いを記した後、会場に飾られた笹の葉にくくります。


願いが叶うと、いいですね。

次回は人気が高い「鴨川エリア」をご案内します。
こうご期待です(*^^)v

二条城夏季ライトアップ2018
8月1日~15日
点灯時間:19時~21時30分(最終入城21時)
問い合わせ:二条城事務局075-841-0096

着物でお出かけ涼を求めて貴船神社へGO! 叡山電車で行く京の奥座敷は七夕飾りがロマンチック

2018年7月27日    着物でお出かけ, お知らせ, 観光情報 

皆さま、大変お暑うございます…
お元気でお過ごしでしょうか?

「てくてく京都」には、
浴衣や夏着物を求めて、
毎日お客さまがお越しいただいています。

京の町に涼を運んでくださる、ステキなお姿。
ありがとうございます(#^^#)

そんな皆さまへ、この時期限定の
京の夏ならではの楽しみをご案内します。
「叡山電車」で行く、納涼・貴船神社特集です(^▽^)/

「てくてく京都」からも、貴船の「流しそうめん」にお出かけされる方が多いのですが、ほかにも、夏ならではのイベントも行われていますよ。

清涼感いっぱい!な
貴船をてくてくして、

イロドリ美しい貴船神社で涼もう

京都市の北部にあたる貴船は、山間の緑豊かな地。
市街と比べて、10度ほど気温が低いと言われています。
涼しそうでしょ?

市内からは、叡山電車が便利です。
出町柳駅から、終点の鞍馬まで、およそ30分。
小さな電車の旅です。

近ごろでは、いろんな車両があります。
この時期は、沿線の青もみじが美しいので、
展望列車「きらら」に乗ることに。展望列車は予約なしで乗れますが、運行時刻が決まっているので時刻表をチェックしてくださいね⇒時刻表をチェック!

車窓の景色を楽しめるよう、シートの一部が
窓に向かってしつらえられています。

沿線の駅には、オシャレで人気な街「一乗寺」もあります。

一乗寺は繁華街から離れているものの、オシャレなカフェやショップが多いことで知られ、一度訪れたらこのエリアのファンになってしまうかも。特に、本にまつわるセレクトショップ「けいぶんしゃ」は、イギリスが発表する「世界で一番美しい本屋10」に日本で唯一ランクインしており、日本中から本好きが集まります。せっかくだから下車してみよう!と思われる方には、沿線の駅を自由に乗り降りできる一日フリー乗車券「悠久の風きっぷ」がおすすめです(*^^)v 詳しくはこちら→叡山電手HP

きっぷ代わりの、うちわ!
この時期、粋なお計らいが、嬉しいですね!このうちわを見せるとお得な優待が受けられるお店もあるので事前にチェックしときましょ!⇒check!

最初は京都の町を眺めながらの道中ですが、
北へ向かうにつれて、緑が多くなっていきます。
青もみじのトンネルも現れます。

緑が目に清々しい景色に誘われて、
終点の鞍馬まで行くのもいいですね。

ホームには、南部風鈴が飾られています。その数は、およそ190個。なぜ岩手の南部風鈴が?ですよね。それは、鞍馬と岩手県が、源義経ゆかりの地という縁から生まれた企画なんです(#^^#)涼を求める貴船で耳からも涼しさが伝わってきて、ここへ来ると一気に爽やかな気分に!

鞍馬駅の待合室では、「悠久の風文庫」が開催されていますよ。

自然や鉄道をテーマにした絵本や岩手・京都の観光や文化を紹介した書籍が約200冊。読書でひと息つくのも、いいかもです。

いよいよ貴船神社へ向かいましょう。

駅は「貴船口」です。

ホームから道へと向かう階段には鮮やかな短冊が飾り付けられています。

そして鴨川の水源・貴船川のせせらぎが聞こえます。吹く風がひんやり、涼しい~(≧▽≦)

ここからバスで約5分。さらに川沿いを歩いて貴船神社へ到着です。

昼間でも涼しい風が吹き、やや薄暗い所が幻想的な雰囲気を醸し出しています。

境内には、七夕の笹飾りが飾られています。

もちろん、短冊に願いを託すこともできます。

貴船神社は、水の供給を司る神様を
お祀りしています。

また、平安時代の歌人・和泉市式部が参拝して
不仲だった夫と復縁を成就したことから
”えんむすびの神様”としても信仰を集めています。

清らかな水に浮かべるおみくじ、
水占いも人気ですね。

お参り後も、境内のあちこちに設けられた
椅子や休憩所で、のんびりと涼めます。

8月15日までは、七夕笹飾りライトアップも実施。夕暮れから20時まで、納涼できます。 お昼間は市内中心部をてくてく、夕方から貴船神社で旅の二次会というコースもおすすめ♪ 道中の観光列車も見どころがたくさんだから、一日満喫することができますよ。

「ライトアップは和服姿で~!」という方は、プラス1000円で翌日返却プランにすることができますよ。着物や浴衣など、レンタルしたもの一式を翌日にご持参いただき、お預かりしていた物をお返しする、という方法で、夏はライトアップされる観光名所が多いので、このサービスを利用される方が多くなります。陽が沈み、少し涼しくなった京都の街を堪能するのも素敵ですよね。 少し足をのばせば、まだ知らない京都がたくさんです。ぜひ満喫されてくださいね~。

貴船神社
京都市左京区鞍馬貴船町180
075-741-2016

着物でお出かけ京都の涼しい観光地 大人も楽しめる!祇園「漢字ミュージアム」

2018年7月24日    着物でお出かけ 

毎日暑い暑い!未体験ゾーンの暑さが続く毎日ですが、今日もたくさんのお客様に「てくてく京都」をご利用いただいてます。ありがとうございます!

最近は、「外は暑いし、話題のランチやカフェだけ行きます」というお客様も増えてきてます。でも、せっかくなら涼しくて面白そうなところをお伝えしたいと思い、今日は、モデルまいちゃんと取材した「漢字ミュージアム」をご紹介します。

言わずと知れた漢字検定の本部は京都にあり、祇園四条通沿い、八坂神社前というアクセス抜群な場所に「漢字ミュージアム」があります。ここでは、文字の歴史や漢字にまつわる面白い展示を見ることができますよ。

エントランスを入ったら大きな柱があるのですが、4面が漢字で覆われており、圧巻です。スタッフ、「これが最近よくインスタで見かける場所か~」と納得。まいちゃんと何枚も撮影しました♪

白地に無数の漢字が模様となって、雰囲気のある写真が撮れます。ここならどんな色の浴衣でも似合いますね!

ものすごい量の漢字の中から、自分にまつわる一文字を探すのも面白い!まいちゃんは、思わず「徳」の字に反応!聞けば、徳島出身ですって。

この日の浴衣は涼しげな藤色。はっきりしたパープルピンクの帯を合わせて大人しくなりすぎないコーデに♪ 帯どめレンタル(300円)がアクセサリーとなって、オシャレ度もググンとUP! 帯どめをレンタルされない場合は、帯を折り返し、2色使いでアクセントをつけながら結びます。どちらもかわいいですが、まいちゃんのように、お花の組み紐をアイキャッチにするとかわいさがプラスされますね。

 

館内には「万葉仮名」「カタカナのもと」のハンコが用意されていて、自分の名前を押してみると、思わぬ面白さが!なんとなく、子供向けの施設かと思っていたミュージアムですが、大人も楽しめますよ。

現在の企画展示は、『異体字の世界”ワタナベ”』 (~9/2まで)。「わたなべさん」の「なべ」の字は40種類ほどあり、どれも少しずつ微妙に違ってます。中には見たこともない「なべ」も!

和の漢字に和服が似合わないわけありませんよね。インスタ用にパネルが用意されているところも嬉しいじゃないですか!

2階へあがると、お寿司屋さんに置いてありそうな大きなお湯のみ!これも、最近よくインスタで見かける絵なんですよ。

館内は、数人で体を使って「止」や「休」など、人文字を作るエリアや、タッチパネル式で漢字の成り立ちが見れるエリアなどに小分けされています。

漢字は絵をもとに発明されました。「亀」の象形文字はなんとなく可愛い♪ 知ってるような知らないようなことが詰まっていている「漢字ミュージアム」は涼いうえ、チケットを見せれば再入場もOKですよ。

京都を涼しく観光したいときにおすすめの「漢字ミュージアム」。浴衣や着物姿をちょっと知的に見せられる観光スポットでもあるので、ぜひ行ってみてくださいね。


 

着物でお出かけ東山七条エリア2時間散策コース「智積院」とコッペパンカフェ「HAPPY BUNS」

2018年7月23日    着物でお出かけ, 話題のカフェに行ってみよう, 観光情報 

こんにちは!

暑い日々が続きますがいかがお過ごしでしょうか

 今回は東山七条エリアの観光コース、智積院(ちしゃくいん)とコッペパンカフェ「HAPPY BUNS」をご紹介します。

スタッフが智積院を訪れたのは7月初旬。紫陽花が満開でした。智積院は、5月のツツジに始まり、紅葉の季節まで、四季折々の植物がさし色となって、建物に馴染む風景が格別に美しいことで知られます。

 

 智積院は真言宗智山派の総本山で、庭園も見事。季節のお花が見ごろを迎えるころは、いつもたくさんの観光客でいっぱいです。

 

緑あふれる敷地内には撮影スポットもたくさん♪ でも、この暑さの中、熱中症にはくれぐれもお気をつけくださいね。特に、着物や浴衣で歩くと、帯周りから大量の汗をかきます。いつも以上の水分補給と、適度な休憩を心がけて。日除けをお持ちでない方は、日傘レンタル(300円)をご利用ください。

さて、智積院には数々の貴重な文化遺産があります。特に長谷川等伯とその弟子、 等伯の長男によって書かれた障壁画は見事です。また、 桃山時代に造られた名勝庭園は中国の廬山を形どって造られた「利休 好みの庭」としても有名です。

 

高低差のあるお庭はどの角度から見ても表情が変わります。ぜひ広縁に腰かけて涼みながらご堪能ください。

五色の幕は智積院らしい風景。風に揺れるさまに心が落ち着きます。着物との相性も抜群!やっぱり和の装いはどんな美しい背景にも負けませんね。旅の思い出は着物姿で残すのが一番です!


智積院から歩いて5分のところに、コッペパン専門のベーカリーカフェ「HAPPY BUNSがあります。

 パンの消費量日本一に輝いたこともある京都、流行りのコッペパンも個性的にアップデートされ、ユニークなメニュー が魅力的です。「シロクマ」「キヌガサ」「ラーメン」など、ネーミングも面白い♪

今回は「ラーメン」と「シロクマ」をチョイス!

「ラーメン」は、塩ラーメンと味付卵、焼き豚、 なるとが入っています。本当にラーメンを食べているのような味わいで、これはやみつきになりそう☆

 「シロクマ」は、桃、パイン、 みかん、甘納豆が練乳とカスタードクリームに絡んで、ひんやりしたコッペパンとの相性も抜群!冷たいフルーツの甘さにもデザート感があるので、ランチにもおやつにも♪

 食べやすい小さめのサイズだから色々なコッペパンを堪能できるのも嬉しいですね!他にも「キヌガサ」 というだし巻き卵や九条ネギを使った京都らしいものから、「スモア」というチョコとマシュマロ、 ビスケットを詰めた甘いものまで、気になるメニューがたくさんあります(^^)。

パンが大好きな方には一度は訪れてもらいたい「HAPPY BUNS」でした。

 



いかがでしたか?京都は2度目、3度目、という方には、東山七条エリアがおすすめです。てくてく京都烏丸店で着物に着替えて、タクシーに乗れば10分ほどで到着です。まだ着物女子が少ないエリアなので、きっとSNS映え間違いなしですね!

 

アーカイブ