お問い合わせ

スタッフブログ

Blogスタッフブログ

お味で勝負!絶品グルメ♩

着物でお出かけ京のかき氷特集⑥リピーター続出!京都で一番古い氷屋さんのお店「page one」のかき氷は見るも食べるもいと涼し♪

2018年7月12日    着物でお出かけ, かき氷, お味で勝負!絶品グルメ♩ 

皆さま、
暑中お見舞い申し上げます。

京都では梅雨が明け、連日の暑さが続いています。
夏の風物詩「祇園祭」も始まりました。

暑さなどものともせず、
浴衣や夏着物で、京都の町を散策する

お姿がとっても涼やか。ステキです!


おしゃれな着物女子たちが、
京都の夏に、彩りを添えてくださってます(^▽^)/

さてさて暑いからこそ、恋しくなる夏スィーツが、かき氷ですね。
「てくてく京都」がおすすめする、
京のかき氷特集・第6弾は
祇園の氷屋さんが開くカフェ&ダイニング「page one」さんです!

 

見て涼し、食べてひんやり、
透明感が美しいかき氷
「生搾りオレンジ」

祇園にある「森田氷室本店」は、
京都で最も古い氷屋さん。
今年で創業133年目を迎える老舗店です。

その歴史に新たな1ページを加えようと、
当代5代目の店主が、立ち上げた店が「page one」。
一年中、かき氷が味わえるお店です。

その製法には、氷屋さんらしいこだわりがあります。
水の中の不純物を取り除き、じっくりと2日以上時間をかけて凍らせた氷を用います。
そうすることで、硬く、透明感のある氷へと仕上げているのです。
(page oneホームページより)

「page one」は、町家のカフェ&ダイニング。
昼夜を通じて、居心地の良さそうな雰囲気です。

かき氷は、一年中提供されていて、
このようなメニューが並んでいます。

店内では、すでに注文されている方々が。

う~ん、どれにしようか、迷います…

地元の高校生さんたちは、
いろんな味を注文して、シェアしてはりました。

楽しそう(≧▽≦)

そして、決断。
爽やかなイメージの「生搾りオレンジ」に致しました。
待ち遠しい時間です。

ついに、やってきました!

オレンジ色が、お店の坪庭の青もみじに映える~

氷の表面には、オレンジの果汁と果肉が散りばめられています。
透明感のある、美しさです。

しかも、手作業で氷塊を削った氷の器で提供されます。
器も氷だなんて、さすがは氷屋さん。
いろんな方法で、
氷の魅力を伝えようと考えられてるんですね。

ひとさじ食べてみると、
サラっと口の中で溶けていきます。
この涼やかな冷たさが、たまりませんっ

あっという間に、氷の器に到達してしまいました。
名残惜しいお味です…

山盛りの氷を食べて、涼しくなって、
充実感に満たされました。

八坂神社の南楼門から、南へ少し下がった所にある
京都らしい町屋のお店です。

お外でも、撮影してね♪

page one

京都市東山区下河原通八坂鳥居前下る上弁天町435-4
11時~16時、18時~24時 水曜休
075-551-2882

着物でお出かけ京のかき氷特集③これぞ京都!祇園の町屋カフェ。洗練された味わいのかき氷で暑さを癒す「祇園NITI」

2018年6月30日    着物でお出かけ, かき氷, 話題のカフェに行ってみよう, お知らせ, お味で勝負!絶品グルメ♩ 

皆さま、7月が始まりますね。
梅雨も中休みの暑さが続いています。

お元気でお過ごしでしょうか?

この暑さならではのお楽しみは、
冷た~いかき氷ですね!
毎年、楽しみにされている方も
多いのではないでしょうか。

「てくてく京都」スタッフがおすすめする、
京のかき氷特集、3店目は
京都らしさを堪能できる「祇園NITI」さんです。

どこをとっても京都らしい、
祇園・花見小路の路地にある
町屋カフェ

祇園を代表する繁華街、花見小路通り。
北は三条通りから、南は建仁寺前まで続き、
いつでも大勢の人で賑わっています。

東西の細い路地には、お茶屋さんが立ち並んでいて
いかにも京都らしい風情を感じることができます。

こんな街を、きものや浴衣で歩けば、
それだけで絵になりますね。

ご紹介するお店は、四条通りから花見小路通りを
南に下がり、祇園甲部歌舞練所近くの路地を
入った所にあります。

賑やかな大通りから、静かな路地を奥へと進み、
右手にあるのが「祇園NITI」です。

店に一歩足を踏み入れると、
壁面いっぱいに照らし出された琥珀色のライトが
印象的なカウンターが目を引きます。

夜はバーになるそうですよ。

奥には、自然光が差し込む坪庭が。
かき氷機や蚊やりなど、
夏らしいオブジェが飾られています。

やさしい口どけで暑さを癒す
淡雪awayuki/天然氷のかき氷

お店では、一年中かき氷が楽しめます。
その中でも、やっぱりこの時期は大人気!
お昼を過ぎると、行列も珍しくありません。

こちらの氷は、栃木県日光の氷職人、
四代目徳次郎さんが作る
「天然氷」を使ってるんです。

今日は「淡雪awayuki/天然氷のかき氷と季節の果実」
をいただきました。
席に運ばれてくるだけで、涼やかになります。

自然の寒さで凍らせているからでしょうか?
とってもやさしい口どけです。
それに、あのキーンとする冷たさがないんです。

氷の表面にはメロンが細かに散りばめられています。
食べ進んでいくと、シロップ漬けのメロンが
ごろっと出てきました。

こんなひと手間がかかっているのが、
いかにも京都のお店らしいところ。
ほっとする甘さです。

改めて店を見渡すと、
舞芸妓さんの名前が入った
京丸うちわが飾られていたり。

お店の人と話せば、京言葉が聞けたり。

日中の喧騒を忘れて、
ゆったりとした時間が過ごせます。

夏の京都も、きものや浴衣でどうぞ。
思い出をいっそう鮮やかに、美しく彩りを添えます。

祇園NITI
京都市東山区祇園町南側570-8
075-525-7128
カフェ:11時~18時、水曜休

 

 

着物でお出かけ京都スイーツの極みは抹茶!宇治の製茶舗&三室戸寺とコラボした、京都タワーの抹茶スイーツブッフェが大好評!

2018年6月20日    着物でお出かけ, お味で勝負!絶品グルメ♩ 

最近、いろいろありましたね…
皆さま、お元気でお過ごしでしょうか?

美しい着物を身にまとうと、
気持ちまでもが、晴れ晴れとしてくるようです。

女性はより輝いて、その方らしい美しさが現れ、
男性は凛々しさが引き立つようにお見受けします。

「てくてく京都・四条烏丸店」のスタッフ一同、
皆さまのステキな着物姿と、
笑顔を拝見することを、何よりの励みにしています。

「着物を着て、京都を散策してみたいな…」と、
思い立ったら、いつでもお越しくださいね!
着て美しく、歩いて楽しい着物姿に、
お仕上げさせていただきます(#^^#)

今日は、雨でも晴れでも、
何があっても、楽しめる場所を紹介しちゃいますよ〜

絶対外さない美味しさ!が楽しめる、
京都らしさMAXの
抹茶スイーツブッフェのご案内♡

お茶を使ったスイーツが
何と30種類超え!

全部制覇できないかも?
場所は、かの有名な京都タワー。

「てくてく京都四条・烏丸店」から、
地下鉄でたった4分。
京都駅から地下道で直結しています。

期間限定スイーツブッフェ
「Matcha time」で京都を満喫!

京都タワーのテル内にある
「レストランタワーテラス」で、
6月2日~8月26日まで


この企画、いろんな所とコラボしてるんですよ。
お茶の魅力を発信する「お茶の京都」
プロジェクトとのタイアップや、
京都・宇治田原町「丸伍製茶」のお茶を使ったり、
花の寺として有名な「三室戸寺」をイメージしたものなど、
それぞれに因んだスイーツを提供しています。

最初に、フルーの色合いが涼やかな
ウェルカムドリンクと、
お茶会に見立ててた「お抹茶のフォンデュ」を
いただきます。

そして、いよいよブッフェが始まります。

皆さん、一斉にスイーツの前で列を作ります。

抹茶をメインに、煎茶やほうじ茶など
さまざまなお茶を使って、
アイデア満載のスイーツが揃っています。

例えば、こんなスイーツが。
「抹茶とあずきのロールケーキ」「抹茶のオペラ」
「抹茶ティラミス」「抹茶ときな粉の半月ムース」
「石畳”ワビ”生チョコ抹茶」等など

その数は、何と30種類超えです!
嬉しすぎますね(≧▽≦)

インスタ映えのスイーツもたくさん!

シェフズコーナーでは「抹茶ティラミス」が💛

抹茶、イチゴ、マンゴーのパウダーが
トッピングされています。
カワイイし、写真に映えますね。

「三室戸寺」の紫陽花に見立てた
「紫陽花~煎茶とグレープフルーツのミルク寒天」
は、6月限定のスイーツです。

さらに、サンドイッチやスープなどの軽食が
約20種類用意されています。

「抹茶クリームチーズのたまごやきサンド」や
「オレンジ風味のほうじ茶フライドチキン」など、
こちらにも、お茶が使われてるんです。

甘い感覚に飽きたら、ライトミールをつまんで。
その美味しさに、また魅了されてしまいます。
どっちも、止められませんっ!

さて皆さまは、
全メニューを制覇できますでしょうか?
どれもお代わりしたくなる美味しさなので、
なかなか手ごわいですよ(≧▽≦)

京都タワーホテル3F 京都タワーテラス
京都市下京区烏丸通七条下る 東塩小路町721-1
075-371-3370
開催期間:2018年6月2日~8月26日
6月は土・日、7、8月は金・土・日・祝限定開催
8月3日~19日は毎日開催
提供時間:15時30分~17時
料金:大人3500円、小学生2000円、
幼児(3~5歳)1200円

かき氷ブーム来る!京のかき氷特集②:五色のシロップが美しすぎる、二條若狭屋寺町店「彩雲」

2018年6月16日    かき氷, 話題のカフェに行ってみよう, お味で勝負!絶品グルメ♩ 

皆さま、こんにちわ。
お元気でお過ごしでしょうか?

曇りがちな梅雨だからこそ、
鮮やかな色合いに心が惹かれるこの頃です。

6月を代表する花・紫陽花も、
街を彩ってくれていますね。

そろそろ、冷たいものが恋しくなってくる時期。

この夏は、かき氷がブームになっているみたい(≧▽≦)
もちろん、見て美しく、食べて美味し、なのが京都流。
まさに、夏のSNS映えにピッタリですね!

そこで「てくてく京都」がお贈りする、京のかき氷特集。

第一弾は、かの老舗店「大極殿本舗・六角店栖園」でした!

美しかったですね~皆さまもぜひぜひ(#^^#)

では、第二弾、ご紹介しましょう。

五色のシロップで自分好みに
お味をデザイン♪「彩雲」

約一世紀に渡り4代続く京菓子匠「二條若狭屋」が
茶房を併設した「二條若狭屋寺町店」を開店したのは
2013年6月16日。
(今日、お店のお誕生日です(≧▽≦)

二階の茶房には、干菓子の型が飾られていて、
いかにも菓子司らしい雰囲気を醸し出しています。

自慢のお菓子とともに
さまざまなかき氷を提供される中、
いちばん人気なのが「彩雲」です。

注文を受けご用意される間に、お菓子が出されます。

大粒の栗をまるごと使い、栗あんで包んで焼いた
「やき栗」。お店を代表する菓子のひとつです。

ほっくりとした栗と、控えめな甘さが
気持ちをほぐしてくれるようです。

次に、シロップが運ばれてきます。
美しい~っ!一気に気分が上がりますね↑

左から、ご案内すると、りんご、煎茶、べっこう飴、
ピンクグレープフルーツ、ほうじ茶ラテ、です。

そして、間もなく、氷が到着しました(≧▽≦)

涼やかです!まさに、雲をすくい取ってきたみたい。
まずは、氷だけを一口、召しあがってみてください。

フワッとお口の中で溶けます。
その繊細さに、驚きを感じるはず。

次に、シロップをかけましょう。

薄色のシロップなので、
やや控えめな色合いになりました。

お味は、しっかりしています。
りんごやグレープフルーツは、
果肉がそのまま味わえます。

べっこう飴は、まったりと、甘~い💛

煎茶は、ほんのり甘みがあり、
爽やかなお茶の香りがします。

食べ進んでいくと、
氷の中には、フルーツが隠れていました。

リンゴ、キウイ、パイン、オレンジピールなど。
味にアクセントがついて、いっそう美味です。

別添えの器に、小さなアレンジを加えて
自分好みに仕上げてみました(^▽^)/

いろいろできちゃうから、おいしさも倍増です。

皆さまも、五色のシロップで
自由にお味をデザインしてみてくださいね。
きっと、いろいろ楽しめますよ(≧▽≦)

二條若狭屋
京都市中京区寺町通二条下ル榎木町67
075-256-2280
販売9時~18時、茶房10時~17時
水曜休

着物でお出かけ京都のおとな旅ー期間限定『京の夏の風物詩を先取り♡鴨川納涼床ランチ』の巻

2018年5月22日    着物でお出かけ, お味で勝負!絶品グルメ♩ 

皆さま、こんにちわ。
5月も下旬になり、京都も初夏の装いです。
鴨川の京の夏の風物詩・納涼床が始まっています。

今日は、京都の初夏ならではの楽しみを、
さくらちゃんが案内してくれますよ(#^^#)

もちろん、季節にふさわしいお着物で出かけます(*^^)v
白を基調にした紬の単衣は、軽くて着やすさが特徴。


紬は、普段着の最高級のきものなんです。
見た目にも涼やかで、これからの季節に、ぴったり。

お花模様が先染めされていて、キュートさもあります💛

朱色の大ぶりな花をあしらった帯で、
着こなしにアクセントをつけてみました。

何てったって、納涼床ですから、
カジュアルさの中にも、おしゃれ感がなくちゃね。
お出掛けする場所に合った着こなしも大切なんです(^▽^)/

迷った時は「てくてく京都」のスタッフにご相談を。
着物の目利きには、ちょっと自信あります(#^^#)

バッチリ決めて、行ってきま~す!

鴨川納涼床でお料理をいただく
リッチな“川床ランチ”は5・9月限定!

鴨川に納涼床が出されたのは、江戸時代の初期。
料理屋や水茶屋が、祇園祭の宵宮の頃、
盆地で暑さが厳しい京都の夏に、
少しでも涼しく過ごしてもらおうと、
木屋町二条から五条間の「禊(みそそぎ)川」に
高床を作ってお客さまをもてなしたのが始まりです。

現在では、京料理店だけでなく、
イタリアン、フレンチ、タイ料理など、
さまざまなお店が100店近く軒を連ねています。


場所は、鴨川と並行して南北に通る
4つのエリアがあります。
今日は、三条から四条までの先斗(ぽんと)町にある
「京料理・先斗町富美家」で、
昼床ランチをいただきます。

この時期に開催される「鴨川をどり」の会場、
先斗町歌舞練場の2軒目にあります。

道すがら、舞妓さんに出会いました(#^^#)

さあ、いよいよお店へ。

鴨川からの風が気持ちいいです~♪

今回は季節の一品が盛り合わせられた、
川床御膳を予約しておきました。

お料理、来ました(#^^#)
どんなのかな?楽しみ…

おもむろに蓋を開けると…

うわ~、京都らしさ満載です💛

お料理をご紹介しましょう。

季節の一品は、ばい貝、鴨のロースト
モロコの甘露煮、くらげの白和えとだし巻き卵など

天ぷらは、海老、かぼちゃ、なす、ししとう。
カラっと揚がっていて、職人の技を感じます(^▽^)
お刺身は、鯛、まぐろ、
ちりめん山椒とごはん、香の物、赤だしです。
京都らしい献立ですね。

デザートは、抹茶ムースでした(^▽^)/

納涼床は、本来夕涼みがてら、
お料理を楽しむものですが、
多くのお店が気候のいい
5・9月に昼床を出しています。

事前に予約しておくと、ゆっくりとできますよ。

先斗町富美家

京都市中京区先斗町通歌舞練場南隣2軒目
075-211-5054
予約が無難 昼床は5・9月のみ、無休

*烏丸店・清水店からも、
先斗町までは徒歩圏内ですが、
暑くなるこれからの季節は、
サクッとバスに乗っちゃうのがオススメですよ〜

*600円の一日乗車券で
乗り放題なのです!!*

一回の乗車230 円。3回乗れば元が取れちゃう💛
京都観光で絶対忘れちゃいけない必須アイテムです!

京都地元の子なら知らない人はいない、
すっごくお得なカードです。
ぜひ、使ってみてくださいね!

 

 

着物でお出かけ京都ぷち旅<嵐山>新緑満喫ツアー「八翠」でお茶して「天龍寺」でまったり&注目スィーツ巡り

2018年5月2日    着物でお出かけ, 話題のカフェに行ってみよう, お味で勝負!絶品グルメ♩ 

皆さま、こんちにわ。
GWも、中盤にさしかかってきましたね。
楽しんでいらっしゃいますか?

近ごろの京都は、暑い日とひんやりする日が
交互にやってまいります。
1日は、30度近くにまで上がりました…
つつじも今が盛りです。

お天気が良い時に、お着物で町歩きをされる際は
ぜひ日傘をお持ちくださいね。
暑さ避けとともに、優雅なお姿が演出できます(*^^)v

市内の名所は若葉が美しい季節です。
今回は、人気のスポット、
「嵐山」へ行きましょう。

 これからの季節、好天に恵まれる京都は
日差しが強く、暑さを感じることも多いと思います。

観光名所の嵐山は、人もいっぱいです。

そんな時でも、新緑の季節だからこそ味わえる
清々しい景色があります。

嵐山の景色を眺める人気のスポットは
大堰川に架かる渡月橋ですね。

川のせせらぎ、嵐山のこんもりとした新緑の様子は、
市街では感じることができない情景。
心を和ませてくれます。

この景色を、もっとゆっくりと鑑賞したい方には、
こちらの茶寮がおすすめです。

嵐山を眺めてお茶を楽しむ至福の時はいかが?
翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都
「茶寮 八翠」

茶寮へは、渡月橋のたもとから、
嵐山方面に向かって
川沿いに歩くとたどり着きます。

「翠嵐」と大書きされた門をくぐり

青もみじに囲まれた道を進みます。

「茶寮八翠」は、
翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都に
併設された店で、眺望の良さが魅力です。

嵐山の景色を目前に楽しみたいなら、
だんぜん、テラス席です!

川のせせらぎの中、川下りの船を眺めたり、
嵐山からの風を感じたり。
景色を五感で感じられます。

美しい景色のお供は、
美味しいお菓子ですね(#^^#)
お店オリジナルの上生菓子と煎茶をセレクトします。

本日は、老舗和菓子店「老松」の上生菓子・晴嵐と、
こちらも老舗店・一保堂茶舗の煎茶だそうです。

新緑とコラボするかのような色合いが
ステキですね🍃

ゆっくりと景色を堪能して、
元気をチャージしてくださいね✨

茶寮 八翠
京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町12

天龍寺の方丈で庭園を眺めて
ほっこり、リラックス…

寺社の多い京都では、庭園の鑑賞も楽しいものです。
庭師の手による、洗練された造形には、
また格別な美しさがあります。

今回は、天龍寺へとご案内しましょう。
天龍寺は、臨済流天龍寺派の大本山です。
世界文化遺産にも登録されている
由緒ある禅寺です。

嵐山を借景にした曹源池と
雄大な庭園を有しています。

この頃は暑い日が多いので、
方丈から鑑賞しましょう。

本堂へは、履物を脱いで上がります。

板張りの廊下にござが敷いてあるので、
とても心地よいです。

方丈では、このように庭園を鑑賞する
参拝者が大勢います。


どの方々も、ゆったりとした時を
過ごされているようです。

庭の木々が、手入れの行き届いた姿で
五月の風情を伝えてくれます。

渡り廊下から、庭園を眺めながらの
多宝殿までの道のりも、静かでくつろげます。

白雲抱幽石。
また改めて、写経などして、
心を見つめてみたくなる場所でした。

天龍寺
京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
075-881-1235

暑い日に食べたくなる、
リラックマのみるくた~っぷり!
ソフトクリーム

京福嵐山駅から歩いてすぐの、
「嵐山りらっくま茶房」。

リラックマのグッズがたくさんあって、
見るだけでも”かわいい~”の連発です。

暑い日のスイーツには、
テイクアウトのソフトクリームがピッタリ!

「リラックマのみるくた~ぷり!ソフトクリーム」💛
お好みで、はちみつをかけてもらえます。

嵐山りらっくま茶房
京都市右京区嵯峨天龍寺北造路町15
075-863-2660

SNS映え間違いナシ!
「zarame」の京フレーバー綿菓子

JR嵯峨嵐山近くには、
京綿菓子専門店の「zarame」があります。

国産の素材を使ったオーガニックな綿菓子で、
京都・丹波産のきな粉や、抹茶など
京都らしさが特徴です。

フレーバーは、京抹茶ラテ、桜みるくなど
6種類があります。

オーダーを受けてから、
その場で作ってもらえます。

そのサイズも、話題騒然!
お顔が隠れる大きさです(⌒∇⌒)

フワフワの綿菓子と、

フォトジェニックな時を楽しんでね。

zarame

<茶寮八翠>の地図

<天龍寺>の地図

<嵐山りらっくま茶房>の地図

アーカイブ