お問い合わせ

スタッフブログ

Blogスタッフブログ

着物でお出かけフォトジェニックが止まらない!インスタ映えしかないスゴイお祭りが登場。世界遺産を照らす「下鴨神社糺の森の光の祭」

2018年8月23日    着物でお出かけ, お知らせ, 観光情報 

皆さま、こんにちわ。
猛暑の次は台風接近、ちょっと異常気象なこの頃ですね。

京都の町では、寺社で夏を惜しむかのように、夜のお祭りが執り行われています。
その中でも、晩夏最大のイベント「下鴨神社 糺の森の光の祭」が話題騒然!です。


このお祭りをプロデュースしたのは、世界を舞台にデジタルアートをクリエイトするチームラボ。
光と音、デジタルテクノロジーを駆使して、
下鴨神社の糺の森から、楼門、境内までがアーティステックに仕上げられています。

…とにかく、スゴイんです。
まるで異空間に迷い込んだみたいで、会場は、インスタ映えする場所しかありません(≧▽≦)
その様子を、じっくりとご紹介いたします。

光と音と森が一体化。
世界遺産が幻想的な空間に

まずは、下鴨神社までのアクセスをご案内。京阪電車・出町柳を目指しましょう。

出町柳駅の改札近くには、すでにこのお祭りへの行き方が示されています。

道中にも、案内の方がいらっしゃいました。心配ご無用です(*^^)v

下鴨神社の南側に広がる「糺の森」に向かいます。
こちらは京都でも有数のパワースポット。お祭りの会期中は『呼応する、たちつづけるものたちと森』と呼ばれる、アートな空間になります。


…いかがですか?ふだん、静寂な森がこんなにカラフルになってしまいました。会場に足を踏み入れた皆さんは、子どものようなはしゃぎようです(#^^#)

そして、いくつもの球体がコロコロと点在しています。それらが、色とりどりに変化していきます。
どこもかしこも、撮影スポット!皆さん、思い思いの場所でカメラやスマホで撮影会です(≧▽≦)
これがまた、ハマるんです…止められませんっ

下鴨神社の楼門内は『呼応する球体』を展示。その数の多さに圧倒されます。ここでは皆さん、お好きな球体に触れて遊んでおられます。チームラボは”自分が主人公として空間に溶け込みながら、他の人の存在を強く意識する場所”を創造したそうです。ここに集う人々は、くつろいだ様子でこの空間を楽しんでいます。

舞殿や橋殿内にも、光る球体が。刻々と、色合いが変化します。

音楽も不思議な雰囲気を醸し出す装置のひとつになっています。

とってもフォトジェニックな下鴨神社。その景色は幻想的で、まるで夏の夜の夢のよう。
京都の夏の忘れられないワンシーンになりそうなお祭りです。
「てくてく京都」の艶やかな浴衣やお着物で、思い出に花を添えてくださいね。

下鴨神社
京都市左京区下鴨泉川町59

 

下鴨神社糺の森の光の祭
8月17日(金)~9月2日(日)
18時30分~22時(21時30分最終入場)
チケット:平日1000円、土日1200円、小学生以下無料

アーカイブ