お問い合わせ

スタッフブログ

Blogスタッフブログ

着物でお出かけ京の夏まつり「京の七夕」③堀川編 京文化が満載!お香がかおるライトアップの中、舞妓さんの踊りも見られる贅沢な七夕

2018年8月9日    着物でお出かけ, お知らせ, 観光情報 

皆さま、残暑申しあげます。

お元気にお過ごしでしょうか?
立秋を過ぎて、朝夕の暑さがしのぎやすく感じられますね。

京都では、お盆に向けて寺社の祭事が増えてきました。夏着物・浴衣が映える時期でもあります(#^^#)

夏の風物詩「京の七夕」も、盛況です。
今回は、堀川エリアをご案内いたします。

会場は、堀川御池を北へ上がり、堀川今出川の南まで。堀川の川沿いの遊歩道です

期間中は、北向き一方通行ですのでご注意くださいね。
アクセスは、地下鉄東西線・二条城前がいちばん便利です。
「てくてく京都烏丸店」から、地下鉄烏丸線・四条から烏丸御池で東西線に乗り換えて二条城前下車です。

始まりは、提灯ゲートがお出迎えしてくれます。

こちらでも、和装来場者へのプレゼントが用意されています。場所は入口近くにある総合案内所です。欲しい方は、急いでお出掛けくださいね(*^^)v

京文化に触れながら、
光のオブジェを楽しんで

川沿いの遊歩道は、夕方になると心地よい風が吹いてきます。七夕飾りも風に揺れて、風情があります。
もちろん、願いを託す短冊も用意されていますよ。

遊歩道沿いには、京都にゆかりのある著名人からのメッセージが書かれた行灯が展示されています

お好きな方のメッセージがあるかも知れませんね。

会場の近くは、京都の伝統工芸のひとつ、西陣織や京友禅に携わる企業や工房が数多くあります。それらに因んだ展示も見られます。
こちらは「光の友禅流し」

友禅流しは友禅染の製造過程のひとつで、染料を定着させるための糊を流すため、鴨川や堀川でよく見られた風景でした。今では、友禅の振興を図るイベントとして行われています。

美しいですね…思わず見とれてしまいます。

陽が落ちると、川辺にかがり火が焚かれます。
堀川の新名物「堀川かがり火のみち」として、お祭りを盛り上げます。

道すがら、さまざまなイベントが開催されています。
こんなライブも。

遊歩道には、さまざまなライトアップがなされます。
「願い七夕」も、たくさん飾られています。

光のオブジェもあちこちに展示されていますよ。

お気に入りの場所で夏の夜を切り取って、インスタに上げてくださいね(*^^)v

途中で、どこからかいい香りが漂ってくることも。
こんな仕掛けも、おもてなしのひとつ。同じ空間なのに、どこか違って感じられます。

かがり火のみちには、屋台村も出ています。期間限定のメニューもあります。
こちらは、魚そうめんを使った七夕限定バージョン。スイカやもみじのかまぼこが、カワイイですね。

「堀川七夕茶屋」では、京都五花街のひとつ、
上七軒の舞妓さんの舞が披露されます。

ステージは2回。①19時30分~②20時30分~です。素敵な舞が見られます(*^^)v

その後、舞妓さんたちとツーショット撮影会もあるんです。めったにない機会です!

「京の七夕」堀川エリアは、京文化を感じながら七夕を楽しめる、贅沢なお祭りです。
夕涼みがてら「てくてく京都」で浴衣に着替えて、ぜひお出掛けくださいね!

京の七夕「堀川会場」
開催日:8月4日~10日
開催場所;堀川遊歩道
点灯時間:19時~21時30分

 

アーカイブ