お問い合わせ

スタッフブログ

Blogスタッフブログ

お着物京都で年越し・初詣なら、ゼッタイきものがおすすめ!

2017年12月28日    お着物, 観光情報 

京都の町にも、いよいよ本格的な冬が到来しています。

年末には、ちらほら雪も見え始めそうな気配です⛄

でも!

京都では、大晦日から新年にかけて、

“きものが最も似合う時”でもあるんです❤

ーある雪の日ー

昨日の南禅寺のお客様

すごく素敵です💕

寒い中頑張られましたね(^^)

❄️雪と着物のコラボもなかなかおしゃれでしょ✨❄️

過去のお客様(インスタより)

 

新年はお着物で始めませんか?

市内にあるお寺や神社では、

過ぎ行く年に感謝をし、

来る新年を祝う祭事が数多く執り行われます。

そんな場面に、きもの姿でお出掛けすれば、

気分が盛り上がること、間違いナシ!

…だと思いませんか!?

<年末・年始 京の祭事>

ここで、京都の年越しから新年にかけて、

代表的な祭事をいくつかご紹介しましょう。

12月31日 をけら詣り <八坂神社> 

八坂神社のをけら詣りは、

京都のお正月を代表する祭事です。

19時から始まる除夜祭が終わった後、

宮司らの手によって、

御神火が「をけら灯篭」に灯されます。

この火を「をけら火」といい、

人々は火縄に火を移して、

神棚の灯明や、新年の雑煮を炊く火種に用います。

をけら火が消えないよう、

火縄をクルクルと回して帰ります。

これぞ、京都のお正月の風物詩なのです!(^^)!

八坂神社の境内で、

をけら火は、元旦の早朝まで焚かれます。

 

 

<てくてく京都のおススメ着こなし①>

フォーマルな場所にふさわしい

「お太鼓結び」

きものの中で、

品格を表現できるアイテムが「帯」。

締め方によって、

きものがフォーマルやカジュアルにも着こなせるんです。

例えば、巷でよく見かける「蝶々結び」だと、

親しみやすく、可愛らしい所が魅力です。

改まった場所に出掛けるならば、

「お太鼓結び」が適しています。

 

お太鼓結びは、結婚式やお祝いの席など、

フォーマルな場所にも通用する締め方です。

「後ろ姿が美しく決まって、見せ場ができます」

一見簡単そうで、実はちょっとしたワザが必要な、

難しい結び方なんですよ(#^^#)

年が改まり、京都が最も華やかに輝く

新春にふさわしい、お太鼓結びのきもの姿。

必ず注目度、上がります!

「てくてく京都・清水店」で、

ぜひ、挑戦してみてくださいね!

お正月の営業ご案内(年末年始)

お正月だからこそお着物でで過ごしたいものですよね

*アンティーク レンタル着物てくてく京都*

清水寺にほど近い『清水店』

年中無休で営業しております!!

お正月も変わらずのお時間で楽しんでいただけますよ💕

年末年始のご予約も受け付け中です!!

 

京都市街地ど真ん中の好立地ー烏丸店ー

人気の烏丸店も4日から通常営業しておりますよ〜〜

12月30日から1月3日

までお休みをいただきます。

1月4日から皆様にお会いできますことを

こころよりおまちしております!!